このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

松山の宝文化観光素材プロモーション バス視察ツアー

更新日:2017年11月1日

松山の宝 平成30年文化観光素材プロモーション 羽州松山城下めぐり・錦秋の城下町視察ツアー 参加事業所募集

平成30年の旅行商品造成やペーパーや雑誌での取材に役立てていただくため、旅行関係者メディア関係者を対象にした、松山の文化観光素材を紹介するバスツアーを実施します。

イチョウの色づく総光寺
イチョウの色づく総光寺がモチーフのフライヤーです

明治150年の今年、庄内地区にある文化資産のいくつかが日本遺産の認定を受けるなど、観光分野において歴史的コンテンツが再評価される機運があります。また、31年の新潟庄内DCの開催決定をうけ、今後、より多くの方に、地域の宝を御紹介する機会が増えてくることと思います。
協議会では、それに先んじて、旅行関係、コミュニティメディア関係の皆さまに、城下町松山の地域情報を直にお伝えしたく、本バスツアーへの御参加をお誘い申し上げるものです。
皆さまには、諸事御多忙とは存じますが、是非、御来臨の上、平成30年に向けた城下町松山の歴史観光コンテンツについて、お楽しみいただけますようお待ちしております。

(1)日程

11月28日(火曜)出発 (昼食付き日帰り) 

(2)対象

  1. 平成30年に向け酒田市への旅行商品造成を予定している旅行業の皆さん
  2. 雑誌・ペーパー等で、松山の紹介を予定しているメディア関係の皆さん

(3)集合解散

酒田駅集合 午前9時50分
酒田駅解散 午後4時10分
※現地へ直接お越しの方は、午前10時20分までに松山歴史公園駐車場へ集合

(4)内容

摂取山心光寺/松山文化伝承館/洞瀧山総光寺/眺海の森などでの、文化観光素材の説明

(5)申込

11月16日(木曜)まで、ダウンロードした申込用紙をファックス(0234-62-2618)してください。

申込用のファックス用紙を、ここからダウンロードできます。

(6)参加条件

松山の文化観光資産に対する感想・発信にかかるアイデアについて、書面・聞取りによる簡単な調査に協力いただくことがあります。

(7)費用謝金

費用(昼食代実費)と参加日当について相殺させていただきます。

(8)主催

松山の宝推進協議会(会長_榎本和介/事務局_松山総合支所気付)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

松山総合支所 地域振興課 地域振興係
〒999-6861 酒田市字山田27-4
電話:0234-62-2611 ファックス:0234-62-2618

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


サブナビゲーションここから
サイトメニューここから

キーワードでさがす

Loading

お気に入り

編集

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで
以下フッターです。

酒田市役所


〒998-8540
山形県酒田市本町二丁目2番45号
電話:0234-22-5111(代表)
Copyright (C) City Sakata Yamagata Japan All Rights Reserved.
市へのご意見

フッターここまでこのページのトップに戻る