このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

今月のイベント・講座情報

更新日:2016年10月1日

本市の文化財や伝統芸能に関したイベント情報を発信していきます。
ぜひご参加ください。

イベント・講座

終了したイベント

11月

第47回酒田民俗芸能公演会 民俗芸能フェスタ
日時/11月13日(日曜)午後0時30分から(開場:正午)
場所/酒田市民会館「希望ホール」
料金/無料
出演/広野小学校、大潟米大舟、仁田山鹿子踊、飛鳥湯立神楽、杉沢比山、亀ヶ崎獅子舞、本楯神代神楽

5月

酒田市立資料館 第196回企画展
酒田まつりの山鉾と画人・文人の掛軸
資料館調査員による展示解説を開催します

  • 期日 平成28年5月14日(土曜)午前10時より1時間程度
  • 会場 酒田市立資料館1階企画展示室
  • 費用 無料(入館料別途必要)

※事前にお電話でお申込みください。駐車場に限りがございますので、申し込み時にお問い合わせください。
問 市立資料館 電話:0234-24-6544

3月

市指定文化財浄福寺唐門 修復工事完成見学会 開催
平成26年度から平成27年度にかけ実施していた、市指定文化財浄福寺唐門の修復工事が
無事終了いたしました。
この機会に、市民の皆様にご覧いただきたく、工事完成見学会を開催いたします。
どうぞお越しください。
日時:平成28年3月21日(月曜日・振替休日)午前10時から正午まで
場所:浄福寺(酒田市中央西町4-29)
対象:どなたでも
内容:修復工事概要を説明
費用:無料
申込:当日、浄福寺にお越しください。
問合せ:社会教育課文化財係 電話:0234-24-2994
※なお、自動車でお越しの方は、総合文化センター駐車場をご利用ください。
総合文化センター(酒田市中央西町2-59)

ギャラリートークのお知らせ 『酒田のお酒について』
講師:庄内酒彩倶楽部 代表 池田吉伸氏
3月13日(日曜)午前10時30分より 30分程度
酒田市立資料館
池田氏は酒店を営みながら、「ごどいも焼酎」「梨のミューズ」など、地元酒蔵と協力し、酒田の特産品を使用した酒造りへの挑戦を行っています。これまでのチャレンジの軌跡、企画展展示以外のお酒についてもお話されます。たのしいお酒のお話を聞きに、是非お越しください。

  • 参加希望の方は当館までお申込み下さい 電話:0234-24-6544

多くの皆様のご来場、誠にありがとうございました。また来年もおいでください。お待ちしております。

黒森歌舞伎「酒田公演」開催
期日:平成28年3月6日(日曜)
会場:酒田市民会館「希望ホール」(電話:0234-26-5450)
演目:正午から少年太鼓 午後0時30分から 少年歌舞伎「菅原伝授手習鑑」吉田社頭車引の場 午後1時30分から 本狂言「源平布引滝」 木曽義賢討死の場、九郎助住家の場
入場料:前売券500円,当日券700円
※全席自由です。
※前売券は、下記の市内公共施設等で取り扱います。(2月1日から)
なお、遠方の方で前売券のお求めが困難な場合はご相談ください。
前売券取扱施設:酒田市総合文化センター事務室、酒田市役所地下売店、酒田市民会館「希望ホール」事務室、八幡タウンセンター、酒田市ひらたタウンセンター、松山文化伝承館、黒森コミュニティセンター

1月

黒森歌舞伎衣装展
平成28年の演目「源平布引滝」で実際に着用する衣装を展示します

  • 期日 平成28年1月20日(水曜)から2月10日(水曜)
  • 時間 午前8時30分から午後17時15分
  • 会場 市役所1階北側フリースペース
  • 費用 無料

12月

酒田市立資料館 第194回企画展
『絵はがきに写る近代の酒田』
資料館調査員による展示解説を行います

  • 期日 平成27年12月12日(土曜)
  • 時間 午前10時から(1時間程度)
  • 会場 酒田市立資料館1階企画展示室
  • 費用 無料

資料館にお申し込みください。
問 市立資料館 電話:0234-24-6544

酒田市松山文化伝承館 ワークショップ
絵手紙にチャレンジ!!

  • 期日 平成27年12月5日(土曜)
  • 時間 午後1時30分から3時30分
  • 会場 松山文化伝承館ロビー
  • 講師 阿部正昭 氏

「絵手紙で元気会」「ハートtoハートもみじの会」講師

  • 費用 300円(入館料別)
  • 募集人員 10名

松山文化伝承館にお電話にてお申し込み下さい
問 松山文化伝承館 電話:0234-62-2632

11月

ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。ふるさと歴史講座(3)(PDF:227KB)

北前船で栄えた頃
講演「近世日本海海運における酒田湊」
講師 秋田大学教育文化学部教授 渡辺 英夫 氏

  • 期日 平成27年11月15日(日曜)
  • 時間 午後1時30分から午後3時
  • 会場 酒田市総合文化センター 
  • 費用 無料

ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。ふるさと歴史講座(2)(PDF:490KB)

「文化の日特別企画 本間氏別邸庭園(鶴舞園)と清遠閣を訪ねて」

  • 期日 平成27年11月3日(火曜・祝日)
  • 時間 午前9時30分から正午
  • 会場 公益財団法人 本間美術館
  • 費用 700円(資料代ほか)

甲冑着付け体験
大手門の前で、池の前で、芝生の上で甲冑を着て写真を撮りませんか?子ども用の軽い甲冑もありますので、
家族や友人と鎧武者になってぜひ戦国気分を味わってみてください。

  • 期間 10月31日(土曜)から11月3日(火曜) 10時00分から15時00分(11月2日(月曜)は休館)
  • 料金 着付け料は無料ですが、入館料が必要です。(小中学生は土日無料)
  • 会場 松山文化伝承館 電話:0234-62-2632

11月3日(祝日)文化の日 無料公開
午前9時から午後4時30分は次の施設を無料で公開します。

※11月1日(日曜)から7日(土曜)は文化財保護強調週間です
祝酒田市合併10周年 第46回酒田民俗芸能公演会 民俗芸能フェスタ!

  • 期日 平成27年11月7日(土曜)
  • 時間 午後0時30分から (開場:正午)
  • 会場 酒田市民会館 希望ホール
  • 費用 無料(入場整理券は、希望ホールおよび総合文化センターにて取り扱っております)

出演: 宮野浦日枝神社大黒舞、福岡神楽、根子番楽、新山延年舞、大町神楽、落野目神代神楽

10月

ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。ふるさと歴史講座(1)(PDF:399KB)
「国府のおもかげを探して」
城輪柵跡から八森まで出羽国府ゆかりの地を歩きます。

  • 期日 平成27年10月24日(土曜)
  • 時間 午前9時から正午
  • 会場 総合文化センター集合からバスで城輪柵跡まで移動
  • 費用 100円(保険料)

9月

酒田市合併10周年記念
文化遺産を活かした地域活性化事業伝統芸能フェスティバル
「萬狂言 松山能 特別公演」

  • 期日 平成27年9月29日(火曜)
  • 時間 午後6時30分から
  • 会場 酒田市民会館 希望ホール

8月

呈茶会

  • 期日 平成27年8月23日(日曜)
  • 時間 午前10時から午後3時
  • 会場 松山文化伝承館 新館ロビー
  • 料金 お茶券300円(展示を観覧する場合は入館料別途必要)
  • 問合せ 松山文化伝承館 電話:0234-62-2632

※事前申し込み不要です。
24名のお客様から、お茶を楽しんでいただきました。

大人気!!
甲冑着付け体験

甲冑着付け体験画像

  • 期間 平成27年8月11日(火曜)から8月16日(日曜)
  • 時間 午前10時から午後3時
  • 会場 松山文化伝承館
  • 料金 無料(入館料別途必要)
  • 問合せ 松山文化伝承館 電話:0234-62-2632

※事前申し込み不要
※写真撮影OKです!
※ちょっと早いですが、年賀状のネタにいかがですか?是非おいでください。
※お子様用の軽い甲冑もございます。ご家族でおいでください。

6月

酒田市立資料館 第192回企画展
「戦後70年 戦時下の青春」
農作業や軍需工場での労働に明け暮れた少年少女。軍人を目指して酒田を離れた少年たち。市内各高等学校から提供していただいた写真など、戦時下を懸命に生きた若者たちの姿を知る貴重な資料を集めました。東京美術学校(現在の東京芸術大学)を首席で卒業しながら、25歳で戦死した岡部敏也の作品も展示しています。

  • 会期 平成27年6月27日(土曜)から9月13日(日曜)会期中無休です。
  • 会場 酒田市立資料館
  • 問合せ 電話:0234-24-6544
  • 休館日 会期中無休
  • 時間 午前9時から午後4時300分
  • 入館料 一般100円、学生50円(小中学生は土曜・日曜日無料)

※詳しくはこちらをクリック(酒田市立資料館のページへリンク)

酒田市合併10周年記念事業
酒田市松山文化伝承館企画展
石黒光二氏は本市山谷(旧平田町)出身で具象彫刻の将来を担う存在の一人として、今注目を浴びている彫刻家です。石黒氏は人物を中心とした作品を多く手がけ、田沢川ダムや平田タウンセンターなど、平田地区の随所に展示されている氏の作品は、豊かな自然と溶け合い、輝き放っています。
酒田市合併10周年を記念して、当館企画展示室と真下慶治記念館の二つの会場に大小約40点の作品を展示し、その魅力に迫ります。
※詳しくはこちらをクリック
(松山文化伝承館のページヘリンク)

  • 会期 平成27年6月20日(土曜)から8月30日(日曜)
  • 会場 松山文化伝承館
  • 住所 酒田市字新屋敷36-2
  • 問合せ 電話:0234-62-2632
  • 休館日 月曜日(祝日の場合は翌日休館)
  • 時間 午前9時から午後4時30分
  • 入館料 一般360円、高校・大学生250円、小中学生100円(小中学生は土曜・日曜日無料)
  • ※お得な年間会員券もございます。1,850円(同伴者2名まで入館できます)

酒田市立資料館 第192回企画展
「戦後70年 戦時下の青春」
関連イベント
「戦時中の体験談を聞く会」
10代で戦争を体験した市内在住の方から話を聞きます。
貴重なお話をぜひこの機会に。

  • 日時 平成27年7月18日土曜日午前10時から11時30分
  • 会場 酒田市文化センター4階
  • 定員 先着50名程度
  • 語り手 金湖欣三氏、後藤隆氏、堀妙子氏
  • 問合せ 電話:0234-24-6544
  • 費用 無料

69名のお客様が、お出でになりました。

呈茶会

  • 期日 平成27年6月21日(日曜)
  • 時間 午前10時から午後3時
  • 会場 松山文化伝承館 新館ロビー
  • 料金 お茶券300円(展示を観覧する場合は入館料別途必要)
  • 問合せ 松山文化伝承館 電話:0234-62-2632

※事前申し込み不要です。
47名のお客様から、お茶を楽しんでいただきました。

石黒光二彫刻展
本展パンフレットはダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。こちら(PDF:3,355KB)
オープニングセレモニー&ギャラリートーク
日時 6月20日(土曜)午前10時から
内容 作者自身による作品解説
場所 伝承館ロビー展示室
※好評のうちに終了しました。

5月

大人気!!
甲冑着付け体験

  • 期間 平成27年5月3日(日曜)から平成27年5月6日(振替休日)まで
  • 時間 午前10時から午後3時
  • 会場 松山文化伝承館
  • 料金 無料(入館料別途必要)
  • 問合せ 松山文化伝承館 電話:0234-62-2632

※事前申し込み不要
※写真撮影OKです!
※ちょっと早いですが、年賀状のネタにいかがですか?是非おいでください。

呈茶会

  • 期日 平成27年5月5日(祝日)
  • 時間 午前10時から午後3時
  • 会場 松山文化伝承館 新館ロビー
  • 料金 お茶券300円(展示を観覧する場合は入館料別途必要)
  • 問合せ 松山文化伝承館 電話:0234-62-2632

※事前申し込み不要

4月

第191回企画展
「酒田駅100周年記念展」
平成27年4月8日(水曜)から6月22日(月曜)

酒田の玄関口・酒田駅は、大正3年12月の開業から100周年を迎えました。港町・酒田に一大変革をもたらした鉄道は、現在も大正時代と同じように、市民の足としてビジネス・観光に利用され、貨物列車は多くの産物を運んでいます。
また、酒田港駅・砂越駅・余目駅・清川駅も同じく100周年を迎えており、今年は庄内鉄道史において101年目へと向かう節目の年になっています。
特急列車や寝台列車に乗り、あちこちへ旅行に行った方も多いのではないでしょうか。今回の企画展では、酒田駅の開業から現在までの歴史を振り返るほか、さまざまな鉄道資料も展示します。

  • 会場 酒田市立資料館
  • 問合せ 電話:0234-24-6544

平成27年度企画展示
松山文化伝承館
新館
企画展示室
本展パンフレットはこちら
当館には郷土出身の画家・佐藤公紀氏や石塚三吾氏の作品を始め、教育者として松山に 貢献する一方、絵画や版画の制作にその才能を発揮した方々などゆかりのある画家の作品、松山の風景を題材にした作品などが数多くあります。
今回は平成22年以降に寄贈された作品をはじめ、普段お見せする機会の少ない作品を中心に、松山にゆかりのある多彩なコレクションを一挙公開いたします。

  • 同じ松山の風景ですが、画家による表現の違いをお楽しみください。
  • 竹岡羊子さんをはじめ、松山にゆかりのある方々の作品も展示しています。
  • 会場 松山文化伝承館
  • 問合せ 電話:0234-62-2632
  • 詳しいご案内はこちらから。

市指定文化財 浄福寺唐門 修復工事見学会
日時 平成27年4月11日(土曜)午前10時から正午まで

  • 会場 浄福寺(中央西町)
  • 対象 どなたでも
  • 内容 屋根の構造部分の修復工事見学(概要説明あり)
  • 費用 無料
  • 申込 当日会場へお越しください。
  • 問い合せ 電話:0234-24-2994(教育委員会 社会教育課 文化財係)

※自家用車でお越しの方は、総合文化センター駐車場をご利用ください。
※浄福寺唐門について
寛政12年(1800年)、本間光丘が菩提寺のため建立したもの。京都東本願寺宋祖廟を模し、京都方面の職人を呼んで作らせました。「四脚向唐門」と言われる様式で、耐震構造に重点を置き、文化・明治から平成の大地震にも耐えました。
見学会の様子

普段は、工事用のネットに覆われていますが、見学会のため取り外したことで、工事の様子がわかりました。

受託業者の担当者から、写真や資料を使って詳しい解説がありました。

四脚向唐門の柱は、ケヤキの一本柱であることが分かりました。

見学会当日、あいにくの天気にもかかわらず、熱心な市民の皆様がおいでになりました。ありがとうございました。

3月

旧阿部家
旧阿部家ひなまつり

  • 開催日 平成27年3月1日(日曜)から5月6日(水曜)
  • 時間 午前9時から午後4時30分(入場は午後4時まで)
  • 定休日 月曜日(祝日の場合は翌日)
  • 問合せ 電話:0234-62-2632
  • 料金 無料

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

教育委員会 社会教育文化課 文化財係
〒998-8540 酒田市本町二丁目2-45
電話:0234-24-2994 ファックス:0234-23-2257

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


サブナビゲーションここから
サイトメニューここから

キーワードでさがす

Loading

お気に入り

編集

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで
以下フッターです。

酒田市役所


〒998-8540
山形県酒田市本町二丁目2番45号
電話:0234-22-5111(代表)
Copyright (C) City Sakata Yamagata Japan All Rights Reserved.
市へのご意見

フッターここまでこのページのトップに戻る