このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

サイトメニューここから
本文ここから

山居倉庫保存活用計画市民ワークショップを開催します

更新日:2022年11月22日

申込期間を延長します。

下記のとおり、申込期間を延長します。

  • 第1回ワークショップ分:令和4年11月25日(金)正午まで
  • 第2回ワークショップ分:令和4年12月8日(木)まで

お申込みは、本ページ下部のオンライン申込又は電話・窓口で可能です。

お申込み前にご確認ください

11/1号市広報掲載記事で、第1回ワークショップの開催時間に誤りがありました。正しくは下記のとおりとなりますので、お申込み時はご注意ください。広報記事に誤りがありましたことをお詫び申し上げます。

誤:令和4年11月26日(土曜)午後1時~3時30分まで
正:令和4年11月26日(土曜)午後1時~4時まで

山居倉庫保存活用計画ワークショップについて

本市では昨年度より今後の山居倉庫の保存・活用に関する方向性や指針を定めるため「国指定史跡山居倉庫保存活用計画」の策定作業に取り組んでいます。計画の策定のあたり、市民の皆さんにも山居倉庫に対する理解を深めていただくとともに、保存・活用に関する多様なご意見やアイディアを共有させていただくため「国指定史跡山居倉庫保存活用計画市民ワークショップ」を開催します。

内容

第1回

第1回ワークショップでは、参加のみなさまに山居倉庫を見学していただき、保存と活用の両面からの視点で、現在の山居倉庫の現状と課題を確認していただきます。見学後は、会場を市役所に移し、「山居倉庫の現状と課題の共有」をテーマにワークショップを行います。

第2回

第2回ワークショップでは、東京藝術大学 准教授 宮本武典 氏をお招きし、全国の文化財施設での保存・活用事例や取り組みについて講話をいただきます。その後、「山居倉庫の保存と活用」をテーマにワークショップを行います。

日時

第1回

令和4年11月26日(土曜) 午後1時から午後4時まで

第2回

令和4年12月10日(土曜) 午後1時から午後4時まで

場所

第1回

山居倉庫敷地内及び市役所7階703会議室

第2回

酒田市総合文化センター 410、411会議室

対象

酒田市内に在住又は酒田市内に通勤・通学をしている中学生以上の方

定員

先着40名

参加費

無料(交通費は各自でご負担ください)

お申込み

申込締切

いずれの申込方法も、令和4年11月7日(月曜)から12月8日(木曜)まで
(定員に達した場合、その時点で申込受付を終了します)

申し込みに関する注意事項

  • 1回目2回目どちらかのみの参加も可能です。

オンラインでの申し込み

オンライン(スマートフォン・パソコン等)でのお申込みをご希望の方は、下記URLから申し込みフォームにアクセスしお申込みください。

お電話での申し込み

お電話でのお申し込みをご希望の方は、下記の連絡先までご連絡ください。
TEL:0234-24-2994

窓口での申し込み

窓口でのお申込みをご希望の方は、社会教育文化課文化財係事務室(市役所6階)までお越しください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

教育委員会 社会教育文化課 文化財係
〒998-8540 酒田市本町二丁目2-45
電話:0234-24-2994 ファックス:0234-23-2257

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

酒田市役所


〒998-8540
山形県酒田市本町二丁目2番45号
電話:0234-22-5111(代表)
開庁時間:平日午前8時30分から午後5時15分
(祝日、12月29日~1月3日を除く)
Copyright (C) City Sakata Yamagata Japan All Rights Reserved.
市へのご意見

フッターここまでこのページのトップに戻る