このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

「第7回酒田つや姫ハーフマラソン大会」を開催します

更新日:2018年9月14日

みんなで応援しよう!たくさんのエントリーありがとうございました

つや姫マラソンキャラクター画像

期日

平成30年10月21日(日曜)

場所

酒田市光ケ丘陸上競技場~市内

種目

ハーフ・10キロメートル・5キロメートル・3キロメートル・1000メートル

大会当日はコース上とその周辺の道路に関して交通規制が行われます。規制が行われる時間・道路等の詳細は、市広報10月1日号に折込のチラシまたは大会公式ホームページをご覧ください。

「酒田つや姫ハーフマラソン大会」とは?

「酒田つや姫ハーフマラソン大会」は、第7回アントワープオリンピックに山形県出身者として初の出場を果たした酒田市出身の茂木善作(もぎぜんさく)氏の功績を讃えて開催していた「茂木杯ハーフマラソン」と、日本3大砂丘の一つ、庄内砂丘で栽培された庄内砂丘メロンを完走賞として人気を博していた「酒田砂丘マラソン大会」を発展的に一本化し誕生した大会です。

「酒田つや姫ハーフマラソン大会」の特長

「RUN as ONE-Tokyo Marathon 2019(準エリート)」提携大会

ハーフマラソン・10キロメートルにおいて、推薦基準タイムをクリアした上位25名(男子18名・女子7名)が推薦対象です(推薦対象者が25名を超えた場合は、ハーフマラソンを優先)。

日本陸上競技連盟の公認大会

ハーフマラソン・10キロメートルの2コースが日本陸上競技連盟の公認コースとなっています。

万全の救護体制を確立

酒田地区の医師会の全面協力により、本部及びコース上に待機救護所、AED隊を設置し、医師・看護師・消防士などで万全の救護体制を確立していますので、ランナーの皆さんが安心して走ることができる大会です。

市民ボランティアなどによる酒田の「お・も・て・な・し」

給水所の運営、コース監察員など、多くの市民ボランティアの皆さんから協力をいただいています。コース上では、大きな声で応援をしたり、手づくりのグッズを持って応援している方もたくさんいます。
また、走り終わったあとは(山形県産品種米の)「つや姫」のおにぎり、庄内の秋の味覚のいも煮を存分に堪能いただけるよう準備しています。

コースなど詳しくは、酒田つや姫マラソン大会公式ホームページをご覧ください。

お問い合わせ

教育委員会 スポーツ振興課 スポーツ振興係
〒998-8540 酒田市本町二丁目2-45
電話:0234-43-6651 ファックス:0234-23-2257

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


サブナビゲーションここから
サイトメニューここから

キーワードでさがす

サイト検索:キーワードを入力してください。

お気に入り

編集

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで
以下フッターです。

酒田市役所


〒998-8540
山形県酒田市本町二丁目2番45号
電話:0234-22-5111(代表)
Copyright (C) City Sakata Yamagata Japan All Rights Reserved.
市へのご意見

フッターここまでこのページのトップに戻る