このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

ジェネリック医薬品について

更新日:2016年10月1日

ジェネリック医薬品をご存知ですか?

病院から処方される医薬品には、「新薬(先発医薬品)」と「ジェネリック医薬品(後発医薬品)」の2種類があります。
ジェネリック医薬品は新薬の特許満了後に販売される薬で、有効成分や効果は新薬と同等ですが、価格は新薬と比べて安く設定されています。

ジェネリック医薬品の利点

ジェネリック医薬品は新薬に比べて価格が安く設定されているので、実際に薬を購入する際に薬代の負担が軽くなります。また、国保で負担する金額も少なくなるため、国保財政の改善にもつながると考えられます。

ジェネリック医薬品への切り替え

ジェネリック医薬品は医療用医薬品なので、医師の処方せんが必要です。
まずは医師や薬剤師に相談しましょう。直接相談しにくい場合は、ジェネリック医薬品希望カードを診察券や保険証と一緒に提示すれば、切り替えたい意思を表示できます。希望カードは保険証の更新時に同封したパンフレットについています。
もしくは、下記の「ジェネリック医薬品希望カード」をプリントアウトして利用することも可能ですので、ぜひご活用ください。

切り替える際の注意

  • 病気によっては、まだジェネリック医薬品が開発されていない場合があります。また、医師の判断によってはジェネリック医薬品に切り替えができない場合があります。
  • ジェネリック医薬品の有効成分や効果は新薬と同等ですが全く同じではありません。使用する薬によっては新薬に比べて効果が薄くなるなどする場合もあります。
  • 薬局に切り替えが可能なジェネリック医薬品が置いていない場合があります。
  • ジェネリック医薬品に切り替えることにより薬代は安くなりますが、それ以外の調剤料等が高くなってしまい、実際の負担はそれほど変わらない場合があります。

切り替える場合は、実際に自分の体を診てくれている医師や薬剤師にきちんと相談して判断してください。

ジェネリック医薬品差額通知について

通知対象者

  • 現在、酒田市の国保に加入している方
  • ジェネリック医薬品に切り替えた際の差額が100円以上の方

の両方に該当する方に郵送しています。届きましたら、内容のご確認をお願いします。

お問い合わせ

市役所国保年金課国保係 電話:0234-26-5727
八幡総合支所地域振興課市民係 電話:0234-64-3112
松山総合支所地域振興課市民係 電話:0234-62-2611
平田総合支所地域振興課市民係 電話:0234-52-3913

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

健康福祉部 国保年金課 国保係
〒998-8540 酒田市本町二丁目2-45
電話:0234-26-5727 ファックス:0234-22-6466

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


サブナビゲーションここから
サイトメニューここから

キーワードでさがす

サイト検索:キーワードを入力してください。

お気に入り

編集

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで
以下フッターです。

酒田市役所


〒998-8540
山形県酒田市本町二丁目2番45号
電話:0234-22-5111(代表)
Copyright (C) City Sakata Yamagata Japan All Rights Reserved.
市へのご意見

フッターここまでこのページのトップに戻る