このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

病児・病後児保育

更新日:2017年8月18日

1.病児・病後児保育事業とは

病気または病気の回復期で、酒田市及び三川、庄内、遊佐町にお住まいの生後3ヶ月から小学校3学年までの集団保育が困難なお子さんを、専用施設で一時的にお預かり致します。看護師がお子さんの健康状態をチェックしながら、保育を行います。
期間は一日単位で、原則として連続7日以内の利用が可能です。
また、酒田市にお住まいの方が三川町、庄内町にある病児・病後児施設を利用することもできます。

2.利用手続き

※事前に利用登録が必要です。
登録(変更)申請書を記載のうえ、下記の施設または市子育て支援課へ提出してください。
市外の施設を利用する場合は、各町の施設に登録申請書を提出してください。
三川町いのこ保育園 電話:0235-66-5877、庄内町余目保育園 電話:0234-43-2308

(1)事前予約
各施設へ事前に空き状況をご確認ください。
(2)医師へ相談
かかりつけの医師に病児・病後児保育が可能か相談し、利用申込書の裏面(医師連絡票)に記載してもらってください。
※必ず主治医にご相談ください。

(3)利用申込
利用申込書を記入し、各施設へご提出ください。
(4)利用
健康保険証、替えの衣類、タオル、ポリ袋(汚れもの入れ)等をご用意ください。
この他必要に応じて、各園とご相談ください。

3.利用負担額(各園共通)

酒田市民が市内の施設を利用する場合は、下記の料金になります。

利用負担額
利用世帯の区分 1人の負担額(日額)
生活保護世帯及び市町村民税非課税世帯 無料
市町村民税所得割課税額が48,600円未満の世帯 1,000円

市町村民税所得割課税額が48,600円以上の世帯

2,000円
  • お支払い方法については、各施設にお問合わせください。
  • このほか、給食費が別途必要になります。ただし2017年10月1日からあきほ病児・病後児保育所利用の場合は、各家庭で昼食、おやつ、飲み物をご持参願います。
  • 転入されてきた方は、課税状況を証明する書類が必要になります。
    詳しくは市子育て支援課にお問合わせください。
  • 酒田市民が他町の施設を利用する場合は、他町で決めた料金になります。
  • 他町の方が酒田市の施設を利用する場合は、一律2,000円になります。

4.お預かりする場所

お預かりする場所
実施施設 所在地 電話番号 定員 利用時間 休日

あきほ病児・病後児保育所
(委託)

酒田市あきほ町10番地 電話:0234-23-4700 1日3名 8時から18時

日曜・祝日
12月29日から翌年1月3日

平田保育園
(病後児のみ対応)

酒田市飛鳥字堂之後75番地 電話:0234-52-2135 1日2名 8時から18時

日曜・祝日
12月29日から翌年1月3日

5.その他

  • 保育中にお子さんの症状に大きな変化があった場合は保育を中止して、医師の受診のためお迎えをお願いすることがあります。
  • 予約の取り消しや変更、また緊急の事情によって登園時間やお迎えの時間が変更になる場合は、できるだけ早く各施設へご連絡ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

健康福祉部 子育て支援課 こども支援係
〒998-8540 酒田市本町二丁目2-45
電話:0234-26-5735 ファックス:0234-23-2258

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

酒田市役所


〒998-8540
山形県酒田市本町二丁目2番45号
電話:0234-22-5111(代表)
Copyright (C) City Sakata Yamagata Japan All Rights Reserved.
市へのご意見

フッターここまでこのページのトップに戻る