このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

学校給食の放射性物質の事前検査について

更新日:2019年4月24日

山形県では、県内の小中学校の給食に提供する県外産食材について、放射性物質検査を実施しております。本市が使用する県外産食材につきましても次のとおり検査を実施しております。

検査予定と方法

  1. 酒田市が検査を受ける給食の提供予定日
    (令和元年度)5月30日、6月20日、9月12日、10月10日、11月14日、12月12日
  2. 検査方法等
    検査は前日までに県の機関で行い、検査結果は給食を提供する日の午前10時30分までに市に連絡が入ります。
  3. 検査において基準値を超えた場合の対応について
    万が一、食材の放射性物資が基準値を超えた場合は、当該食材を使用した料理の提供を中止いたします。
    又は当該食材の使用を中止いたします。
    基準値を超えた食材を児童生徒が食することは、絶対に無いようにいたします。

検査結果

山形県が実施しております、県内の小中学校の給食に提供する県外産食材の放射性物質検査結果については、以下のとおりです。

放射性物質検査結果(単位 ベクレル/キログラム)
検査月日 指定食材 産地 検査結果(放射性ヨウ素) 検査結果(放射性セシウム134) 検査結果(放射性セシウム137) 検査機関

5月29日

未実施

未実施

未実施

未実施

未実施

未実施

6月19日

未実施

未実施

未実施

未実施

未実施

未実施

9月11日

未実施

未実施

未実施

未実施

未実施

未実施

10月9日 未実施 未実施

未実施

未実施

未実施

未実施

11月13日

未実施 未実施

未実施

未実施

未実施

未実施

12月11日 未実施 未実施

未実施

未実施

未実施

未実施

食品中の放射性物質の基準値

100 100

注)検査結果のカッコ内は検出下限値です。
分析方法は、ゲルマニウム半導体検出器によるガンマ線スペクトロメトリ―による核種分析法です。
「不検出」とは、放射性物質が定量下限値未満であることを示します。
「検出下限値」とは、検査機器で測定できる最小の値のことです。

お問い合わせ

教育委員会 企画管理課 学校給食係
〒998-8540 酒田市本町二丁目2-45
電話:0234-26-5773 ファックス:0234-23-2257

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


サブナビゲーションここから
サイトメニューここから

キーワードでさがす

サイト検索:キーワードを入力してください。

お気に入り

編集

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで
以下フッターです。

酒田市役所


〒998-8540
山形県酒田市本町二丁目2番45号
電話:0234-22-5111(代表)
Copyright (C) City Sakata Yamagata Japan All Rights Reserved.
市へのご意見

フッターここまでこのページのトップに戻る