このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

ブックスタート

更新日:2019年3月28日

乳幼児へ赤ちゃん絵本をプレゼント

絵本を通して親子がふれあい、乳幼児の言葉と心を育むきっかけを作ることを目的としています。赤ちゃんの3か月検診の際に、同じ会場で実施しているものです。事前の申込みは不要ですので、検診終了後にぜひお立ち寄りください。

ブックスタートってどんなことをするの?

  • 読み聞かせボランティアが、親子に絵本の読み聞かせを行います
  • 赤ちゃん向けのおすすめ絵本の中から、お好きな2冊をプレゼントします

こんなに小さいうちに絵本を読んで意味があるの?

ブックスタート事業は他の自治体でも取り組んでいますが、対象となる赤ちゃんの月齢は様々です。
酒田市では、月齢3か月からのスタートを薦めています。ハイハイやつたい歩きをするようになる前に、絵本の読み聞かせを始めることで、絵本を見つめ、家族の語りに耳を傾ける習慣づけにつながるものと考えています。
また、絵本を介して、親子のふれいあいの時間が多くなることで、親子の愛情、絆が深まることを期待しています。

ブックスタートのフォローアップ

ブックスタート事業で贈られた絵本、読み聞かせの体験を、子育ての中で続けていただくために、そのフォローアップとして、「赤ちゃんの読み聞かせ教室」を開催しています。

赤ちゃんも図書館の利用者カードを作れます

酒田市立図書館では、赤ちゃんの名前でも、図書を借りるための図書館の利用者カードを作ることができます。
ブックスタート事業で配布する「利用登録申込カード」にあらかじめ内容を記載のうえ、図書館のカウンターに渡すと、利用者カードの交付を受けることができます。図書館の記載台で申請書を記入する手間を省略出来ますので、赤ちゃん連れで図書館においでいただいても安心です。

赤ちゃん用利用登録申込カードの画像

ブックスタート読み聞かせボランティア講座受講生募集(終了)

子育て支援課が主催するこちらの講座では、ブックスタートの歴史や注意点、効果等を学びました。最新の情報も交え、実際の活動に役立つ話をたくさん知ることができました。今後のブックスタートボランティ活動に活かしてもらいたいと思います。

日時

1回目

2月21日(木曜)13:30~15:30

2回目

次の日時のうちいずれか1日。2月27日(水曜)13:30~、3月8日(金曜)13:30~、3月19日(火曜)13:30~

会場

1回目

交流ひろば(酒田市中町3丁目4-5)

2回目

酒田市民健康センター(酒田市船場町2丁目1-30)

対象

乳幼児への読み聞かせや子育て支援に興味のある方で、2回すべて受講できる方

定員

13名参加(先着10組)

内容

1回目

絵本の読み聞かせの仕方やスキンシップ遊び、絵本の選び方など、ブックスタートの実践に関する講座

2回目

ブックスタート会場の視察

講師

(社)子どもの読書サポートアシード代表理事・JPIC読書アドバイザー 加藤美穂子氏

申し込み

電話か直接、子育て支援課(交流ひろば内)にお申し込みください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

図書館
〒998-0034 酒田市中央西町2-59 総合文化センター内
電話:0234-24-2996 ファックス:0234-24-2980

このページの作成担当にメールを送る

子育て支援課(交流ひろば内)
〒998-0044 酒田市中町三丁目4-5
電話:0234-26-5896 ファックス:0234-26-5617

本文ここまで


以下フッターです。

酒田市役所


〒998-8540
山形県酒田市本町二丁目2番45号
電話:0234-22-5111(代表)
Copyright (C) City Sakata Yamagata Japan All Rights Reserved.
市へのご意見

フッターここまでこのページのトップに戻る