このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

みんなでごみ減量大作戦 やってみよう(その6)

更新日:2017年9月28日

生ごみ減量化の購入助成制度を使おう!

生ごみも燃やしてしまえば、ただの灰!
生ごみをもやすごみとして出さない方法として、生ごみ処理容器、電動式生ごみ処理機を使って肥料などとしてリサイクルできます。肥料を家庭菜園やプランター菜園などで使えば、さらにエコ生活ができます。
市民の皆さんなら、どなたでも活用できますのでぜひご利用下さい。
茶碗1杯(100グラム)の生ごみを出さないとすると、105,000人では1日約10トン、1年間では約3,800トンのごみが減らせます。

購入助成制度
(1)購入前の申請が必要です。
(2)申請は年1回まで、1回の申請につき生ごみ処理容器、電動式生ごみ処理機1基です。
(3)購入経費は、2,000円以上で、市内の事業者からの購入が対象になります。
申請時に、購入予定事業者の見積書が必要になります。
(4)購入助成額は、生ごみ処理容器が購入額の2分の1、限度額が5,000円です。
電動式生ごみ処理機は、購入額の3分の1、限度額は20,000円です。
詳しくは、酒田市環境衛生課にお問い合わせ下さい。

コンポスト

お問い合わせ

市民部 環境衛生課 管理係
〒998-0104 酒田市広栄町三丁目133
電話:0234-31-0933 ファックス:0234-31-0932

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


サブナビゲーションここから
サイトメニューここから

キーワードでさがす

サイト検索:キーワードを入力してください。

お気に入り

編集

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで
以下フッターです。

酒田市役所


〒998-8540
山形県酒田市本町二丁目2番45号
電話:0234-22-5111(代表)
Copyright (C) City Sakata Yamagata Japan All Rights Reserved.
市へのご意見

フッターここまでこのページのトップに戻る