このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

軽自動車税に関するあらまし

更新日:2016年10月1日

軽自動車の財産としての価値に着目し、また軽自動車の使用が道路を痛める原因の一つとなっていることから、その所有者が市の経費の一部を負担する税金です。

納税義務者

毎年4月1日現在、主たる定置場が酒田市内にある軽自動車等の所有者(所有権留保付割賦販売の場合は、買主を所有者とみなします。)です。したがって、4月2日以降に廃車などをされても、その年度分の税金は全額納めていただくことになります。

納付方法

納税通知書によって全額を一度に納めることになります。

税額

税額表
車種

排気量

標準税率
原動機付自転車 総排気量50cc以下 2,000円
2輪のもので総排気量50cc超90cc以下 2,000円
2輪のもので総排気量90cc超125cc以下 2,400円
ミニカー
注1(3輪以上のもので総排気量20cc超50cc以下)
3,700円
小型特殊自動車 農耕作業用のもの 2,400円
その他のもの(フォークリフト、ショベルローダーなど) 5,900円
軽自動車 2輪のもので総排気量125cc超250cc以下
(側車付のものを含む)
3,600円
雪上車 3,600円
被けん引自動車 3,600円
2輪の小型自動車
(側車付のものを含む)
総排気量250cc超 6,000円
軽自動車 3輪のもので総排気量50cc超660cc以下

3,100円
3,900円

4輪以上のもので
総排気量50cc超660cc以下

乗用(自家用)

7,200円
10,800円※

乗用(営業用
注2)

5,500円
6,900円※

貨物(自家用)

4.000円
5,000円※

貨物(営業用

注2)

3.000円
3,800円※

※平成27年4月1日以降に新車登録をした場合はこちらの年税額が適用されます。
また、重課・軽課税率については「軽自動車の税額」をご覧下さい。
注1.ミニカーのうち屋根付3輪(ピザの宅配等に用いられるバイクで側面が開放されたもの)の年税額は2,000円となります。
注2.「営業用」とは、自動車検査証に「事業用」と記載されているものです。

軽自動車等の異動等について

軽自動車等を取得した人や酒田市内に他市町村から主たる定置場を移した人は15日以内に、また、廃車や譲渡により所有しなくなった人や酒田市内から他市町村へ主たる定置場を移した人は30日以内に、次の区分により手続きする必要があります。

異動手続き
区分 届出先 必要なもの

(1)原動機付自転車(125cc以下)
小型特殊自動車
注3

取得時
(販売店から購入)
市役所市民課又は各総合支所地域振興課

ア.申告書兼標識交付申請書(注1)
イ.所有者、使用者の印鑑
ウ.販売証明書(アに証明欄があります)

廃車時
(使用不能、市外に転出、他人に譲るとき)
市役所市民課又は各総合支所地域振興課

エ.廃車申告書兼標識返納書(注1)
イ.所有者、使用者の印鑑
オ.ナンバープレート
カ.標識交付証明書(なければ、車体を特定できる資料注2)

名義変更時
(他人から譲り受けたとき)
市役所市民課又は各総合支所地域振興課

旧所有者が廃車していないとき
ア.申告書兼標識交付申請書(注1)
キ.新所有者、使用者の印鑑
ク.旧所有者、使用者の印鑑
カ.標識交付証明書(なければ、車体を特定できる資料注2)

廃車済のとき
上記ア.キ.ク.に加え、旧所有者の廃車申告受付書

車体変更時
(新車体に現在使用中のナンバープレートを付け替えるとき)
市役所市民課又は各総合支所地域振興課

ア.申告書兼標識交付申請書(注1)
イ.所有者、使用者の印鑑
エ.廃車申告書兼標識返納書(注1)
カ.標識交付証明書(なければ、車体を特定できる資料注2)
※カ.は、新旧車体2台分の資料が必要

(2)2輪の軽自動車
(125cc超250cc以下)

全国軽自動車協会連合会
山形県事務取扱所庄内支所(三川町)
電話:0235‐68‐0611

車両番号の指定の申請などの際に、あわせて備付けの申告書を提出していただきます。
※(2)(3)(4)の手続きについては下記の場所でも代行しています。(代行手数料必要)
山形県自家用自動車協会酒田支部
(酒田市日の出町1丁目2-6)
電話:0234‐24‐3367
(3)2輪の小型自動車(250cc超) 東北運輸局山形運輸支局
庄内自動車検査登録事務所登録課(三川町)
電話:050-5540-2014(ヘルプデスク)

車両番号の指定の申請などの際に、あわせて備付けの申告書を提出していただきます。
※(2)(3)(4)の手続きについては下記の場所でも代行しています。(代行手数料必要)
山形県自家用自動車協会酒田支部
(酒田市日の出町1丁目2-6)
電話:0234‐24‐3367

(4)3輪の軽自動車
4輪の軽自動車
軽自動車検査協会
山形事務所庄内支所(三川町)
電話:050-3816-1836(コールセンター)

車両番号の指定の申請などの際に、あわせて備付けの申告書を提出していただきます。
※(2)(3)(4)の手続きについては下記の場所でも代行しています。(代行手数料必要)
山形県自家用自動車協会酒田支部
(酒田市日の出町1丁目2-6)
電話:0234‐24‐3367

注1.申告書・廃車申告書は、市役所市民課の窓口に備え付けてあります。押印(法人の場合は代表者の職印を押印)のうえ、住所、氏名、軽自動車等の車名・車台番号・排気量等を記入していただきます。
注2.車体が特定できる資料 標識交付証明書、販売店の印、販売証明書、自賠責保険証書、車台番号の石摺、廃車証明書等
注3.小型特殊自動車に該当する建設用自動車及び農耕作業用自動車は、軽自動車税の課税対象です。公道走行の有無にかかわらず申告が必要です。

減免制度

次の軽自動車等に係る軽自動車税については、納期限7日前までに申請することにより減免を受けることができます。(遡って減免を受けることはできません。)

  1. 次の(1)(2)に掲げる軽自動車等(1台に限ります。)
    (1)身体障がい者注1が所有する軽自動車等で、もっぱらその人が運転するもの
    (2)身体障がい者又は精神障がい者注1が所有する軽自動車等で、もっぱらその人の生業、通学又は通院等のために、その人と生計を一にする方または常時介護者が運転するもの(生計を一にしない常時介護者が運転する場合は、当該身体障がい者等の含まれる世帯の全員が身体障がい者注1又は精神障がい者注1である場合に限ります。)
  2. 構造上、身体障がい者又は精神障がい者の利用にもっぱら供するための軽自動車等(上記1に該当しないものに限ります。)
  3. 社会福祉法人等が公益のため直接専用するものと認められる軽自動車等

注1.身体障がい者手帳、精神障がい者保健福祉手帳、療育手帳などの交付を受けている人で、一定の障がいの程度に該当する人をいいます。

お問い合わせ

総務部 税務課 税制係
〒998-8540 酒田市本町二丁目2-45
電話:0234-26-5711 ファックス:0234-26-5718

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

酒田市役所


〒998-8540
山形県酒田市本町二丁目2番45号
電話:0234-22-5111(代表)
Copyright (C) City Sakata Yamagata Japan All Rights Reserved.
市へのご意見

フッターここまでこのページのトップに戻る