このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

育児休業代替要員雇用助成金のご案内

更新日:2017年5月10日

育児休業代替要員雇用助成金について

制度の内容

育児休業を取得する職員に代わって代替職員を確保し、さらに育児休業明けに復職させる事業主に対して助成金を交付します。育児休業を取得する職員は、男性も対象です。

要件

育児休業取得者の要件

次の1から2のすべてに該当する従業員を対象とします。

  1. 育児休業取得時、酒田市内に住所がある。
  2. 事業主の雇用契約を締結した者で、常時使用されている雇用者のうち労働契約の期間の定めなく雇用されている。

育休代替要員の要件

次の1から3のすべてに該当する従業員を対象とします。

  1. 育児休業取得者が、育児休業を取得する場合に、育休代替要員として雇用契約を締結し雇用される。
  2. 雇入れの日において、酒田市内に住所がある。
  3. 雇用保険の一般被保険者として雇用される。

事業主の要件

次の1から8のすべてに該当する事業主を対象とします。

  1. 市内に本社または事業所を持ち、常時雇用する従業員が全体で300人以下である。
  2. 国、地方公共団体その他の公共団体でない。
  3. 風俗営業及び性風俗関連特殊営業等、暴力団、政治団体または宗教団体に該当する事業主でない。
  4. 雇用保険の適用事業者である。
  5. 就業規則等に育児休業及び育児休業者の復職について規定している。
  6. 申請時において「山形いきいき子育て応援企業」の登録・認定を受けている、または「次世代育成支援対策推進法」もしくは「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律」に規定する一般事業主行動計画を策定・届出を行っている。
  7. 市税等に滞納がない。
  8. 国、県その他の地方公共団体の本趣旨に係る補助金等の交付を受けていない。

助成の対象となる経費

事業主が交付対象期間内に育休代替要員に対して支払った基本給に対して助成します。

助成額

対象となる経費の2分の1を助成します。(ただし月額5万円が限度額)
1事業主あたり、年度内2件まで申請できます。

交付対象期間

育休代替要員を雇入れた日から4ヶ月目以降、要件を満たさなくなった日まで(最大10ヶ月)

申請方法

交付対象期間開始日から3ヶ月以内または年度内(3月31日まで)のいずれか早い日までに、「事業開始報告書」を提出してください。
その後、交付対象期間経過後1ヶ月以内または年度内(3月31日まで)のいずれか早い日までに、「交付申請書」を提出してください。

申請書

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

商工観光部 商工港湾課 雇用対策係
〒998-8540 酒田市本町二丁目2-45
電話:0234-26-5757 ファックス:0234-22-3910

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


サブナビゲーションここから
サイトメニューここから

キーワードでさがす

サイト検索:キーワードを入力してください。

支援制度(機関)

お気に入り

編集

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで
以下フッターです。

酒田市役所


〒998-8540
山形県酒田市本町二丁目2番45号
電話:0234-22-5111(代表)
Copyright (C) City Sakata Yamagata Japan All Rights Reserved.
市へのご意見

フッターここまでこのページのトップに戻る