このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

さかた農業お役立ち情報最新号

更新日:2020年5月15日

第49号(2020年5月18日)

1.米に関するマンスリーレポート(令和2年5月)

農林水産省より5月号が配信されました。
詳しくは下記URLよりご参照ください。
・直近の米の需給・価格について
・米の消費動向に関する調査

2.農業者のための労災保険の特別加入制度

労災保険は、本来、労働者の負傷、疾病、傷害、死亡などに対して保険給付を行う制度ですが、加入義務のない農業者の方も、一定の要件のもとに特別加入という形で任意加入できます。
労災保険に特別加入するためには、加入窓口である「特別加入団体」(特定農作業従事者、指定農業機械作業従事者)又は「労働保険事務組合」(中小事業主)に加入申込をする必要があります。「特別加入団体」については、お近くのJAや労働基準監督署にお問い合わせください。
万が一の事故の際にも確実な補償を受けられるように、労災保険の特別加入を積極的に検討しましょう。なお、以下URLにはパンフレットが掲載されておりますので、合わせてご覧ください。

3.令和2年度がんばる中山間農業・農村省力化パイロット事業の募集

中山間地域の農地管理の省力化・地域農業の担い手の育成等を行う団体に対して補助を行います。

対象

中山間地域において、多様な農村の担い手や組織の育成、農地管理省力化機材の導入を行おうとしている、農業者等が組織する団体、特定非営利法人、土地改良区、農業協同組合、農地所有適格法人

補助内容(補助金額)

(1)農地管理省力化機材導入支援(1/3以内)
(2)草刈り隊立上げ支援(50千円)
(3)農村地域担い手モデル支援(500千円)
詳細は、以下のURLの県ホームページをご覧いただくか、問い合わせ先までご連絡ください。

申し込み期限

令和2年5月22日まで

申し込み・問い合わせ

酒田市農政課複合経営振興係(電話:0234-26-5752)

4.令和2年度山形県農作業事故防止啓発運動実施中

春先は、久しぶりのトラクター運転で感覚が取り戻せていないことによる操作ミスが原因の事故が多くなる時期です。乗用型トラクターからの転倒・転落は、農作業に係る死亡事故の最大の発生要因です。安全フレーム・キャブの無いトラクターで転倒・転落事故を起こした場合、死亡につながるケースが多くなっています。さらに、安全フレーム・キャブのあるトラクターでもシートベルトを着用しなければ、安全域の中に身体が固定されないため、転倒した際に身体を守ることはできません。安全フレーム、安全キャブ付きトラクターを使用し、シートベルト・ヘルメット着用を徹底しましょう!
農作業事故防止啓発運動のチラシは以下URLをご覧ください。

農政課メールマガジン「さかた農業お役立ち情報」とは

酒田市農政課が配信する農業メールマガジンです。農業者向けのことから一般向けのことまで、食と農業に関するさまざまなジャンルの情報を月2回程度配信します。

お問い合わせ

酒田市農林水産部農政課
メールアドレス:nosei@city.sakata.lg.jp
電話:0234-26-5751

本文ここまで


サブナビゲーションここから
サイトメニューここから

キーワードでさがす

サイト検索:キーワードを入力してください。

お気に入り

編集

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで
以下フッターです。

酒田市役所


〒998-8540
山形県酒田市本町二丁目2番45号
電話:0234-22-5111(代表)
Copyright (C) City Sakata Yamagata Japan All Rights Reserved.
市へのご意見

フッターここまでこのページのトップに戻る