このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

あねちゃまめ

更新日:2016年10月1日

「あねちゃまめ」は、平成15年度に山形大学農学部に研究を委託し、阿部利徳教授(現客員教授)が平成21年に品種開発した枝豆の品種です。
「あねちゃまめ」は、『甘み』や『うまみ』など豊かな味と茹でた際の甘い香りが特徴のやや大粒の枝豆です。
また、収穫期が標準的な枝豆より遅く、枝豆の生産者が味の良い枝豆を長く収穫・出荷できるというメリットもあります。
「あねちゃまめ」の名称は平成26年に公募で決定しました。
命名者によると、枝豆の品種ということで、従来の品種である『だだちゃ豆』や『あんちゃ豆』と家族であることをイメージし、庄内弁で『お嫁さん』や『若いお姉さん』を指す「あねちゃ」を用いたそうです。
※「だだちゃ」は庄内弁で『お父さん』を、「あんちゃ」は庄内弁で『お兄さん』を意味する言葉です。
「あねちゃまめ」は、酒田市大宮町にある庄内バイオ研修センターで種を増殖し、庄内全域における産地化を目指しています。
平成27年に販売開始されました。

お問い合わせ

農林水産部 農政課 複合経営振興係
〒998-8540 酒田市本町二丁目2-45
電話:0234-26-5752 ファックス:0234-26-6483

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

酒田市役所


〒998-8540
山形県酒田市本町二丁目2番45号
電話:0234-22-5111(代表)
Copyright (C) City Sakata Yamagata Japan All Rights Reserved.
市へのご意見

フッターここまでこのページのトップに戻る