このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

庄内浜で獲れる旬の魚(3月)

更新日:2019年3月1日

庄内浜で獲れる旬の魚を紹介します

庄内浜には1年を通して130種類以上の魚介類が水揚げされており、季節ごとに地魚を楽しむことができます。旬の時期は特に美味しくいただけます。
また、庄内浜の魚貝はすべて天然もの。イカ、紅エビ(ホッコクアカエビ)、サワラ、トラフグ、タイ、イワガキなど良質な魚は山形のトップブランドとして全国に出荷されています。
3月はサクラマス漁が解禁となります。名前の由来のとおり、桜が咲く時期に海から川へと遡上します。酒田市新堀地区で漁獲されるサクラマスはしっかりと脂が乗り「川マス」と呼ばれ珍重されています。


3月の旬の魚

サクラマス、クロソイ、トラフグ、イシガレイ、アブラツノザメ、コノシロ(コハダ)、ニギス、ホッコクアカエビ、ズワイガニ、ガザミ(オス)、ヒラツメガニ、ミズダコ、イイダコ、ヤリイカ(オス)

春の魚を使った料理(鯛)

鯛の塩ふり焼

  1. 鱗と内臓を取り、水洗いし、水気をよくふき取る。
  2. 表面には軽く、焼けこげやすいヒレには多くの塩をふり、両面を焼く。
  3. あまりこんがり焼きすぎないように注意。

鯛のお吸い物

  1. 鍋にお湯を煮立てて、タイのあらを入れる。
  2. しょう油・酒で味を整え、木の芽やみつばを添えて、できあがり。

鯛の味噌漬け

  1. 切り身に塩を少々ふり、水分が出たら拭き取る。
  2. 味噌・酒・みりん・醤油を混ぜ、そこに切り身を入れる。
  3. 焼く際には水で洗い流さず、ペーパータオルで拭き取る程度にして焼く。焦げに注意して焼くこと。

庄内浜の代表的なお魚のさばき方を紹介しています(外部リンク)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

農林水産部 農林水産課 水産振興係
〒998-8540 酒田市本町二丁目2-45
電話:0234-26-5753 ファックス:0234-26-6483

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


サブナビゲーションここから
サイトメニューここから

キーワードでさがす

サイト検索:キーワードを入力してください。

庄内浜産水産物の認知度向上と消費拡大

お気に入り

編集

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで
以下フッターです。

酒田市役所


〒998-8540
山形県酒田市本町二丁目2番45号
電話:0234-22-5111(代表)
Copyright (C) City Sakata Yamagata Japan All Rights Reserved.
市へのご意見

フッターここまでこのページのトップに戻る