このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

酒田市内美術館等の最新情報

更新日:2020年7月3日

※下記施設について、新型コロナウイルス感染症対策に伴う休館は解除されました。
※開館に伴い、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、ご来館に際して制限を設ける場合がございます。
詳しくは各施設にお問い合わせください。
このページでは、酒田市内の美術館等展示施設の最新の展示内容をお知らせします。
展示内容の詳細につきましては各施設にお問い合わせください。

酒田市美術館

斎藤長三作 桃の丘
斎藤長三≪桃の丘≫1984年

酒田市美術館収蔵品展1 生誕110年 斎藤長三展

会期

5月18日(月曜)から7月12日(日曜) 
会期中無休

観覧料

一般700円、高校生350円、中学生以下無料

 斎藤長三は、1910年(明治43年)に酒田市漆曽根に生まれ、北平田小学校、旧制酒田中学校と進み、1929年(昭和4年)に東京高等工芸学校工芸図案科に入学しました。在学中から1930年協会展や独立美術協会に入選しました。卒業後、独立美術研究所にて里見勝蔵や福沢一郎から油彩画を学びました。独立美術協会展ではD賞や岡田賞を受賞、以後も同会を中心に活動しました。
 斎藤は山村や村落の風景画という印象が強いのですが、福沢一郎からも強い刺激を受けシュ-ルレアリスム的な作品を描いた時期もあります。
 また、海老原喜之助の作品の新しい魅力に惹かれ、1940年頃から海老原が傾倒したブリュ-ゲルの影響を受けた農村などの風景画を描き始めます。1960年代は抽象表現主義の影響を受け、作品も具象から抽象へと移っていきます。そして、70年代半ばから風景画に独自の表現を確立し、本格的に村落を描く時代となります。
 1994年(平成6年)に83歳で亡くなられた後、ご遺族から酒田市へ寄贈していただいた作品は当美術館の主要コレクションの一つとなっています。
 斎藤の生誕110年にあたり、初期作品から晩年までを網羅し、斎藤の画業を改めてご紹介します。

※新型コロナウイルスの感染拡大・防止のため、美術館ではご来館の際注意事項があります。ご来館前に美術館HPでご確認をお願いします。

【次回展】酒田市美術館 特別展「高砂淳二展 Dear Earth」

会期

7月18日(土曜)から8月30日(日曜) 
会期中無休

観覧料

一般900円、高校生450円、中学生以下無料
※当分の間、団体でのご来館はお控えください。
 
 海の中から生き物、風景まで、地球全体をフィールドに、自然全体の繋がりや人とのかかわり合いなどをテーマに撮影活動を行い、「ナイトレインボー」を世界で初めて写真集としてまとめた自然写真家、高砂淳二。
 ハワイ先住民の智慧を学び、自然写真とともに、自然全体の繋がりや、人と自然との関係、人間の役割などを、さまざまなメディアを通して伝え続けています。
 地球各地で撮り下ろした 虹、海、山、空、滝、波、動物、植物、星々など、あらゆる地球自然界の魅力を写した、高砂淳二の作品約80点を紹介します。
 本展覧会を通して多くの人々が自然の美しさ、大切さを共存できれば幸いです。

◆同時開催
「荒生由美子 イラストレーションの世界」
会場:第四展示室 ※特別展の観覧券又は会員券が必要です。
※新型コロナウイルスの感染拡大・防止のため、美術館ではご来館の際注意事項があります。ご来館前に美術館HPでご確認をお願いします。

高砂淳二の写真
(c)Junji Takasago

酒田市美術館の概要

開館時間

午前9時から午後5時(入館は午後4時30分まで)

観覧料(常設展)

一般700円、高校生350円、中学生以下無料
※特別展期間中は、一般展示のみのご観覧はできません。
※料金の一般に、大学・専門学生も含まれます。

年間券(1年間有効)

・普通年間券(3名まで)
3300円
・特別年間券(10名まで)
16500円

休館日

12月から3月の月曜日(祝日の場合は翌日)、12月24日~1月8日
このほか展示替え休館あり

所在地

山形県酒田市飯森山3丁目17-95

電話番号

0234-31-0095

公式ホームページ

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。酒田市美術館ホームページ(外部サイト)

酒田市美術館の写真

土門拳記念館

こどもたち/日本の美/日本の仏像

会期

7月12日(日曜)まで
※会期中無休

特別展入館料

一般700円、高校生350円、中学生以下無料

土門拳の絵と書【同時開催】ヒロシマ/日本の仏像

会期

7月14日(火曜)から8月24日(月曜)
※会期中無休

特別展入館料

一般700円、高校生350円、中学生以下無料

土門拳記念館の概要

開館時間

午前9時から午後5時(入館は午後4時30分まで)

観覧料

一般700円、高校生350円、中学生以下無料

休館日

1月から3月の月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始
このほか展示替え休館あり

所在地

山形県酒田市飯森山2-13(飯森山公園内)

電話番号

0234-31-0028

公式ホームページ

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。土門拳記念館ホームページ(外部サイト)

土門拳記念館の概観写真
土門拳記念館

本間美術館

本間美術館の概要

開館時間

  • 午前9時から午後5時(入館は午後4時30分まで・4月から10月)
  • 午前9時から午後4時30分(入館は午後4時まで・11月から3月)

観覧料

一般1000円、高校生・大学生450円、小学生・中学生無料

休館日

12月から2月の火曜・水曜(祝日の場合は翌日)

所在地

酒田市御成町7-7

電話番号

0234-24-4311

公式ホームページ

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。本間美術館ホームページ(外部サイト)

本間美術館本館の写真
本間美術館

酒田市立資料館

酒田市立資料館外観写真

下記のページをご覧ください

酒田市立資料館の概要

開館時間

午前9時から午後4時30分

観覧料

一般200円、高校生90円、小学生・中学生50円

休館日

12月から3月の月曜日(祝日の場合は翌日)、12月29日から1月3日
このほか展示替え休館あり

所在地

酒田市一番町8-16

電話番号

0234-24-6544

公式ホームページ

酒田市立資料館ホームページ

松山文化伝承館

松山文化伝承館外観写真

下記のページをご覧ください

松山文化伝承館の概要

開館時間

午前9時から午後4時30分

観覧料

一般370円、高校生260円、小学生・中学生110円、幼児以下無料

休館日

月曜日(祝日の場合は翌日)、12月29日から1月3日
このほか展示替え休館あり

所在地

酒田市字新屋敷36-2

電話番号

0234-62-2632

公式ホームページ

松山文化伝承館ホームページ

お問い合わせ

教育委員会 社会教育文化課 文化芸術係
〒998-8540 酒田市本町二丁目2-45
電話:0234-24-2982 ファックス:0234-23-2257

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


サブナビゲーションここから
サイトメニューここから

キーワードでさがす

サイト検索:キーワードを入力してください。

お気に入り

編集

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで
以下フッターです。

酒田市役所


〒998-8540
山形県酒田市本町二丁目2番45号
電話:0234-22-5111(代表)
Copyright (C) City Sakata Yamagata Japan All Rights Reserved.
市へのご意見

フッターここまでこのページのトップに戻る