このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

酒田市内美術館等の最新情報

更新日:2019年7月29日

このページでは、酒田市内の美術館等展示施設の最新の展示内容をお知らせします。
展示内容の詳細につきましては各施設にお問い合わせください。

酒田市美術館

遊びごごろの「か・た・ち」展-身近な素材が驚異の"手技"でアートに大変身!-

会期

令和元年7月21日(日曜)から9月1日(日曜)
午前9時から午後5時 (入館は午後4時30分まで)
※会期中無休

観覧料

一般900円、高校生・大学生450円、中学生以下無料
※小学生以下は保護者同伴でご来館ください。

飛び魚の写真
本間ますみ《真鯛》2016年

ロボトンボの写真
高橋みのる《ロボトンボ》1995年

たこ市の写真
中村道雄《凧市》1994年

最後の審判の写真
大橋禾苗《最後の審判》2003年

紙・ペットボトル・木といった私たちの身近にある素材が、4人の作家たちによる「手技」によって、全く新しいアート作品に生まれ変わります。
紙に描かれた絵を切り抜いて何層も重ねて立体感を出し、作品に豊かな表情を演出するシャドーボックスの大橋禾苗。
数十種類の木を使い、木の色や木目の模様の組み合わせで一枚の絵、≪組み木絵≫を創る中村道雄。
「木」、「メカニズム」、「遊び心」の三つの要素を組み合わせた動きの世界を「メカ木ズム」とネーミングし、現代のからくり玩具を創り出す高橋みのる。
使用済みのペットボトルを使って、生物学に基づき美しい動植物を創造する本間ますみ。
独自の感性と表現力、そして驚異の「手技」を持った作家たちによる遊びごころ溢れる世界をお楽しみください。

関連企画

  • アーティストトーク

日時:7月21日(日曜)午前11時から、9月1日(日曜)午後2時30分から
費用:無料(但し、要観覧券または会員券)
場所:展示室内

  • からくり玩具作家・高橋みのるさんワークショップ「動く人形を作ろう」

内容:ひもで引くと動く人形を作ります
日時:7月21日(日曜)午後2時から午後3時30分
定員:20名
対象:小学生以上(小学生は必ず保護者同伴)
費用:800円(材料費込)
申込み:7月7日(日曜)午前9時~美術館電話受付 電話:0234-31-0095
場所:市民ギャラリー

  • ペットボトルアーティスト・本間ますみさんワークショップ「ペットボトルで昆虫を作ろう!」

内容:ハサミと粘着テープを使ってペットボトルの昆虫を作ります
日時:8月10日(土曜) (1)午前10時から (2)午後2時から
定員:各回20名
対象:小学生以上(小学生は必ず保護者同伴)
費用:500円
申込み:7月13日(土曜)午前9時~美術館電話受付 電話:0234-31-0095
場所:市民ギャラリー

酒田市美術館の写真

酒田市美術館の概要

開館時間

午前9時から午後5時(入館は午後4時30分まで)

観覧料(常設展)

一般550円、高校生・大学生270円、中学生以下無料
※企画展によって観覧料が変わります。

休館日

12月から3月の月曜日(祝日の場合は翌日)、12月29日から1月3日
このほか展示替え休館あり

所在地

山形県酒田市飯森山3丁目17-95

電話番号

0234-31-0095

公式ホームページ

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。酒田市美術館ホームページ(外部サイト)

土門拳記念館

土門拳生誕110年 鬼が撮った日本

会期

令和元年7月19日(金曜)から令和元9月23日(月曜)
※会期中無休

特別展入館料

一般430円、大学生・高校生210円、中学生以下無料

土門拳と写真の出会いは24歳のとき、母親のすすめで上野の営業写真館で働き始めたことがきっかけでした。報道写真家こそ自分の目指す道と確信した土門は、昭和10(1935)年、名取洋之助主宰の日本工房に入社。対外宣伝雑誌『NIPPON』の仕事で日本の文化を撮影しました。
 戦後にリアリズム写真を提唱した土門は、数多くのテーマに取り組み、膨大な数の作品をのこします。
 長期構想の末に完成させた「風貌」、ライフワークである「古寺巡礼」「室生寺」、社会に訴えかけるルポルタージュの傑作「ヒロシマ」「筑豊のこどもたち」などよく知られたテーマはもちろん、ヌードを含む組写真など一風変わった撮影にも挑んだ土門。日本の美を追い求め続け、「写真の鬼」と呼ばれた彼の根底には「撮りたいものだけを撮る」という確固たる信念がありました。
 生誕110年をむかえた今年、土門拳とはどのような人物だったのか、その作品からあらためて生涯をたどります。

土門拳記念館の概要

開館時間

午前9時から午後5時(入館は午後4時30分まで)

観覧料

一般430円、高校生・大学生210円、中学生以下無料

休館日

12月から3月の月曜日(祝日の場合は翌日)、12月25日から1月3日
このほか展示替え休館あり

所在地

山形県酒田市飯森山2-13

電話番号

0234-31-0028

公式ホームページ

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。土門拳記念館ホームページ(外部サイト)

土門拳記念館の概観写真
土門拳記念館

本間美術館

-夏休み企画-親子で楽しむミュージカル 絵の中の動物たち

会期

令和元年7月11日(木曜)から8月26日(月曜)

入館料

一般1000円、高・大学生450円、中学生以下無料

古くから人間の暮らしの身近にいた動物たちは絵画のモチーフとなり、多彩な姿で描かれてきました。
かっこいい、かわいい動物たちの絵画を展示。

猛虎図の写真
岸駒《猛虎図》江戸時代後期 本間美術館蔵 酒田市指定文化財

本間美術館本館の写真

本間美術館の概要

開館時間

  • 午前9時から午後4時30分(入館は午後4時まで・11月から3月)
  • 午前9時から午後5時(入館は午後4時30分まで・4月から10月)

観覧料

一般1000円、高校生・大学生450円、小学生・中学生無料

休館日

12月から2月の火曜・水曜(祝日の場合は翌日)、年末年始、
このほか展示替え休館あり

所在地

酒田市御成町7-7

電話番号

0234-24-4311

公式ホームページ

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。本間美術館ホームページ(外部サイト)

酒田市立資料館

酒田市立資料館外観写真

下記のページをご覧ください

酒田市立資料館の概要

開館時間

午前9時から午後4時30分

観覧料

一般100円、小学生から大学生50円
※土曜・日曜は小学生・中学生無料

休館日

12月から3月の月曜日(祝日の場合は翌日)、12月29日から1月3日、
このほか展示替え休館あり

所在地

酒田市一番町8-16

電話番号

0234-24-6544

公式ホームページ

酒田市立資料館ホームページ

松山文化伝承館

松山文化伝承館外観写真

下記のページをご覧ください

松山文化伝承館の概要

開館時間

午前9時から午後4時30分

観覧料

一般360円、高校・大学生250円、小学生・中学生100円
※土曜・日曜は小学生・中学生無料

休館日

月曜日(祝日の場合は翌日)、12月29日から1月3日、
このほか展示替え休館あり

所在地

酒田市字新屋敷36-2

電話番号

0234-62-2632

公式ホームページ

松山文化伝承館ホームページ

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

教育委員会 社会教育文化課 文化芸術係
〒998-8540 酒田市本町二丁目2-45
電話:0234-24-2982 ファックス:0234-23-2257

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


サブナビゲーションここから
サイトメニューここから

キーワードでさがす

サイト検索:キーワードを入力してください。

お気に入り

編集

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで
以下フッターです。

酒田市役所


〒998-8540
山形県酒田市本町二丁目2番45号
電話:0234-22-5111(代表)
Copyright (C) City Sakata Yamagata Japan All Rights Reserved.
市へのご意見

フッターここまでこのページのトップに戻る