このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

油流出事故を防ぎ、水環境を守りましょう

暖房器具を使用することが多くなる冬期間は、灯油などが漏れ出し河川などに流れ出す油流出事故が多発する傾向があります。
油の流出事故が起きると、周辺環境に悪影響を及ぼし、火災の原因ともなります。また流出した油の回収には多額の費用がかかることがあり、その費用は油を流出させた原因者が負担することがあります。

油流出事故を防ぐために次のことに注意しましょう

  1. 給油する際にホームタンクから絶対に離れない。その場を離れる際は必ず給油を止めてください。
  2. タンク本体や脚部、バルブや配管のさび・損傷を点検して不備がある部分は修理する。
  3. 除雪作業時の配管の損傷を防ぐため、配管の場所には目印を立てる。
  4. 屋根からの落雪によるタンクの転倒や配管の破損・脱落に注意する。
  5. 防油堤がある場合は、亀裂や水抜き栓の閉め忘れに注意する。

お問い合わせ

市民部 環境衛生課 環境保全係
〒998-0104 酒田市広栄町三丁目133
電話:0234-31-0933 ファックス:0234-31-0932

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


サブナビゲーションここから
サイトメニューここから

キーワードでさがす

サイト検索:キーワードを入力してください。

お気に入り

編集

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで
以下フッターです。

酒田市役所


〒998-8540
山形県酒田市本町二丁目2番45号
電話:0234-22-5111(代表)
Copyright (C) City Sakata Yamagata Japan All Rights Reserved.
市へのご意見

フッターここまでこのページのトップに戻る