このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

自宅で取り組む健康づくり

更新日:2020年4月21日

フレイルを予防しましょう

フレイルとは

高齢になるにつれて、筋力や心身の機能が低下していく状態をフレイル(虚弱)と言います。健康な状態と要介護状態の間のような段階で、多くの人がフレイルの段階を経て要介護状態になると考えられています。
高齢期の健康を守り、日常生活を送るための機能を保つためには、フレイルの状態にならないように予防することが大切です。
フレイルを予防するためには、「運動」と「食生活」が重要です。自宅で運動をしたりバランスのよい食生活を続けて、健康を維持していきましょう。

フレイルかどうかチェックしましょう

1.1年で体重が4~5キログラム減った
2.疲れやすくなった
3.筋力や握力が低下した
4.歩くのが遅くなった
5.身体活動量が減った

1~2項目当てはまる人はプレフレイルと言って、フレイルの前段階の状態です。
3項目以上当てはまる人はフレイルの疑いがあります。

自宅でできる簡単な運動

現在、新型コロナウイルス感染症の拡大により、不要不急の外出を控えるように言われています。
自宅で過ごす時間が多くなることで、運動不足に陥りやすく筋力が低下してしまいます。
筋肉は1週間使わない生活を続けると、発揮される力が約10%低下します。
また、失われた力を取り戻すには、その3倍の時間がかかります。
自宅で簡単な運動をしたり、人混みを避けて散歩をするなどして筋力を維持しましょう。

栄養をしっかりとるためのポイント

しっかりと栄養をとらないと、筋肉から衰えていきます。毎日の食事を大切にし、健康を維持しましょう。

1.エネルギー源となる主食(ごはん、パン、めん類)と、筋肉のもととなるたんぱく質(肉、魚、大豆食品、卵など)をしっかりとりましょう
2.3食欠かさず食べることを意識しましょう
3.バランスの良い食事をとりましょう。一汁三菜を意識するとバランスが良くなります。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

健康福祉部 介護保険課 予防支援係
〒998-8540 酒田市本町二丁目2-45
電話:0234-26-5755 ファックス:0234-26-5796

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

酒田市役所


〒998-8540
山形県酒田市本町二丁目2番45号
電話:0234-22-5111(代表)
Copyright (C) City Sakata Yamagata Japan All Rights Reserved.
市へのご意見

フッターここまでこのページのトップに戻る