このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

介護予防レクリエーショングッズ

更新日:2016年10月1日

介護予防のレクリエーショングッズを貸し出ししています。

地域の高齢者サロンや介護予防に取り組むグループに対して介護予防グッズを貸し出しています。無料です。

思い出カルタ

在庫数・使用人数

2セット
数人から

高齢者の方が慣れ親しんだ歌(童謡・唱歌)が、歌詞だけ書かれたカードと、絵と歌詞のサビの部分が書かれたカードに分かれています(それぞれ50枚)。
通常のカルタのように使うほか、回想法的、絵合わせ的な使用法もできます。

山形方言かるた

在庫数・使用人数

2セット
数人から

山形県の方言は庄内、内陸(最上、村山、置賜)に分かれます。方言はその土地に生き続けて育った言葉です。通常のかるたのように使用します。
方言独特のニュアンスがあり皆さん、楽しめます。

酒田方言いろはカルタ

在庫数・使用人数

2セット
数人から

酒田弁で制作されたカルタです。普段、使い慣れている言葉が読み札に書かれており、読み札を読む方も取り札を取る方も楽しめます。
普通サイズと大型サイズ、それぞれ2セットあります。

酒田なつかし いろはカルタ

在庫数・使用人数

2セット
数人から

酒田弁で制作されたカルタ第2弾です。懐かしい昭和の情景が盛り込まれています。
読み札・取り札(小)・取り札(大)・CDがセットになっています。

じゃんけんペタンコ

在庫数・使用人数

1セット
4人から十数人

グー、チョキ、パーが描かれた、どらやき状のペタンコを同じくじゃんけんが描かれた的盤の上に投げ、勝つところに入れば得点、負けるところへ投げればマイナス点となるゲームです。
4チームで行い脳の活性化を図ります。

スキヤキ ジャンケンゲーム

在庫数・使用人数

1セット
十数人から

家族に見立てた小グループで、スキヤキの材料のカード(5種類 計75枚)を1人1枚ずつ袋から取っていき、全てそろえたグループの勝ちとなるゲームです。
カードの裏の数字の合計で、点数を競うこともできます。

実践回想法

在庫数・使用人数

1セット
数人から

高齢者の方が昔使ったことがあるような古い生活道具の写真の大型カード(20枚)です。
道具の名前を言ったり、それにまつわる話をしてもらったりして、古い記憶を呼び起こし、脳の活性化を図ります。

ミュージックベル(ハンドベル)

在庫数・使用人数

1セット20個
数人から

演奏を通して心身を癒し、その喜びと楽しみを共有することができます。

魚つりゲーム(現在貸し出ししていません)

在庫数・使用人数

1セット
数人から

先端に吸盤式が付いた釣りざお(4本)でカードに印刷された「魚」(16枚)を吊り上げます。
「魚」の裏側の点数で競うこともできます。

抽選輪投げゲーム

在庫数・使用人数

1セット
数人から

組立てが必要です。
通常の輪投げです。
輪と文字盤の色で色あわせも可能です。
3色の輪がそれぞれ3個ずつ、計9個あります。

エクササイズボール(小)

在庫数・使用人数

30個
30人から

直径15センチメートルほどの柔らかいゴム製のボールです。
腕や足に挟むことで筋力トレーニングになります。
投げたり転がしたり、ゲームにも利用できます。

小倉百人一首

在庫数・使用人数

1セット
数人から

昔から使われてきた知的道具です。

ストライクナイン

在庫数・使用人数

1セット
数人から

数字の書いてあるシートにボール(12個)を投げると、マジックテープによってボールがくっつきます。
当てた数字の合計等を競います。
組立てが必要です。

磁石すうじ盤

在庫数・使用人数

23セット
23人から

1から100までの数字のコマを、同じく数字が書いてあるシートに置いていき、かかる時間をストップウオッチで計ります。
他人と競うのではなく、自分の記録を徐々に短くしていくことで、脳の活性化を図ります。

玄米ダンベル

在庫数・使用人数

30組
1組2本30人から

布袋に玄米(2合分)を入れて作ったダンベルです。
握り具合がよく、手ごろな重さで、手首等を痛めにくくできています。
このダンベル用に作成した「S.Jinku(エスジンク)」にあわせた軽体操のビデオやVDも準備しております。
これとは別に、各地域のコミュニテイセンターや公民館にも玄米ダンベルを配置しております。

麻雀セット

在庫数・使用人数

3セット
4から12人

男性にも馴染みやすい知的道具です。賭けない・飲まない・吸わない健康麻雀は全国的にも広まっています。
麻雀用シートもあります。

レクリエーション関連書籍

各地域の介護予防事業でどのような取り組みをしたらよいか参考になる書籍やパンフレットをご紹介します。

貸し出しの手順

  1. 借りたいレクリエーショングッズが予定日時に使用可能かどうかを電話等で介護保険課に連絡してください。
  2. 介護保険課にグッズを借りに来られた時に「レクリエーショングッズ借用書」を記入してください。
  3. 使用終了後、介護保険課まで返却してください。
    *団体への貸し出しに限らせていただきます。

お問い合わせ

健康福祉部 介護保険課 予防支援係
〒998-8540 酒田市本町二丁目2-45
電話:0234-26-5755 ファックス:0234-26-5796

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


サブナビゲーションここから
サイトメニューここから

キーワードでさがす

Loading

お気に入り

編集

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで
以下フッターです。

酒田市役所


〒998-8540
山形県酒田市本町二丁目2番45号
電話:0234-22-5111(代表)
Copyright (C) City Sakata Yamagata Japan All Rights Reserved.
市へのご意見

フッターここまでこのページのトップに戻る