このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

おすすめレシピ紹介

更新日:2022年1月28日

市広報紙「私の街さかた」に掲載されたレシピや、市主催事業で実施したレシピなどを掲載します。

レシピ一覧

おすすめのレシピをご紹介します

いちじくの甘露煮

通年

ぶたの角煮・手羽中の甘辛煮

関連ページ

ダウンロード

<食育ハンドブック>

季節ごとに、旬の食材や郷土料理を掲載しています。

<関連ページ>

レシピ

3色ぼた餅

材料(各10個分)

もち米:5合
(またはもち米3合とうるち米2合)
【ごまだれ】
黒すりごま:90g
砂糖:45g
しょうゆ:大さじ2
酒:大さじ1
【きな粉】
きな粉:25g
砂糖:40g
塩:ひとつまみ
【あんこ】
つぶあん(市販品):380g

作り方

(1)といだもち米をたっぷりの水につけて半日置く。炊く直前に、炊飯器の5合の線よりやや少なめの水加減(線より2~3mm程度下)にして炊く。
(2)ごまだれときな粉、それぞれの材料を混ぜ合わせる。
(3)炊き上がったもち米を熱いうちにすりこぎでつく(全体に粘り気がでてきて、まとまった状態になるまで約2~3分程度)。
(4)手を水で湿らせ、均等に30個の餅を作る。
(5)できた餅(各10個)に、ごまだれ、きな粉、つぶあんをまぶし、形を整える。
※つぶあんのぼた餅は、ラップを活用して形を整えると、きれいに仕上げることができます。

イチゴジャム

材料(イチゴ1パック分)

イチゴ1パック:約250g
グラニュー糖:75g
レモン汁:大さじ1弱

作り方

(1)イチゴは良く洗いキッチンペーパーなどで水気をふきとる。
(2)イチゴのヘタを取り、縦半分にカットする。
(3)ホーローの鍋などにイチゴを入れて砂糖をまぶしておく。2~3時間放置しておく。
(4)(3)を中火にかけて砂糖が溶けたら、やや強火にしてアクを丁寧に取り除く。
(5)弱火で15分程度、焦げないように混ぜながら加熱し、火を止めレモン汁を加えて混ぜる。
※かき混ぜた時に鍋底がさっと見えるようになれば出来上がりです。

イチゴ大福

材料(4個分)

イチゴ:小4個
こしあん(市販):100g
白玉粉:100g
水:140ml程度
片栗粉:適量

作り方

(1)イチゴは洗ってヘタを取り水気を拭く。こしあんは等分して、イチゴを丸く包む。
(2)耐熱容器に白玉粉と水を入れ、ドロドロになるまで混ぜる。ラップをかけて、電子レンジで2分程度温める。電子レンジから取り出しゴムベラでよくかき混ぜ、もう一度ラップをかけて電子レンジで1分30秒程度温める。
(3)(2)を電子レンジから取り出し、生地をひとまとめにするようにゴムベラで混ぜる。バットなどに片栗粉を敷き、その上に生地を置き、あら熱がとれたら等分する。
(4)(3)を薄く広げ、(1)を乗せて包む。
※白玉粉は半透明になるまで様子をみながら加熱してください。生地は冷めると伸びなくなるので、温かいうちに包んでください。

ばんけ味噌

材料(4人分)

フキノトウ:40g
塩:小さじ1
油:適量
【A】
味噌:80g
砂糖:30g
みりん:大さじ1

(1)フキノトウは、外側と根元や葉先の黒くなっている部分を取り除き、きれいに水洗いする。
(2)塩を入れたたっぷりのお湯で1分くらいゆでてザルに取り、冷水にさらした後、水気を切って細かく刻む。
(3)鍋に油を熱し、(2)をさっと炒める。【A】を加えて弱火にし、水分がなくなるまでよく練り上げる。

サクラマスのガーリックソテー

材料(4人分)

サクラマス:4切
塩、こしょう:少々
小麦粉:大さじ1程度
にんにく:2かけ
オリーブ油:大さじ2
白ワイン:大さじ2
バター:大さじ1
しょうゆ:小さじ2

作り方

(1)にんにくをうすくスライスする。真ん中の芯は楊枝などで取り除いておく。
(2)サクラマスの両面に軽く塩、こしょうをふり、小麦粉を薄くつける。
(3)フライパンにオリーブオイルとスライスしたにんにくを入れて、中火でカリっとするまで炒めたら、一度取り出す。
(4)サクラマスを皮目からソテーし、中火で両面をこんがりと焼き、バターを加えて全体になじませる。
(5)(4)に白ワインをふりかけて煮立てたら最後にしょうゆをまわし入れる。
(6)サクラマスを取り出してお皿に盛りつけ、上に(3)のにんにくをのせる。

アスパラガスの和風サラダ

材料(4人分)

アスパラガス:100g(1束)
きゅうり:100g(1本)
人参:70g(1/2本)
かつお節:2g
【A】
酢:大さじ1
しょうゆ:大さじ1
サラダ油:小さじ2

作り方

(1)アスパラガスは根元の部分を切り落とし、3cm位の長さに切る。ゆでてから冷水で冷まし、水気を切る。
(2)人参は3cm位の長さの太めのせん切りにする。茹でてから冷水で冷まし、水気を切る。
(3)きゅうりは縦半分に切り、斜めにスライスする。
(4)【A】を混ぜてドレッシングを作り、(1)~(3)の材料を和えて器に盛ったら、かつお節をのせる。

うるいのごまかけ

材料(4人分)

うるい:300g
ごま(白):大さじ3
しょうゆ:大さじ1+1/2
砂糖:大さじ2
みりん:小さじ1

作り方

(1)うるいの根元の薄い皮を取り除き水洗いし、水気を切る。
(2)沸騰したお湯でさっとゆで、冷水にさらし、ザルに上げ水気を切っておく。
(3)(2)は3~4cmの食べやすい大きさに切りそろえる。
(4)すり鉢でごまをよくすり、砂糖、しょうゆ、みりんを加えてよくすり混ぜる。
(5)(3)を器に盛り、上から(4)をかける。

ミズの炒め煮

材料(4人分)

ミズ:150g
塩:少々
生しいたけ:2枚半
人参:50g
たけのこ(水煮):50g
糸こんにゃく:80g
サラダ油:大さじ1/2
ごま:大さじ1/2
ごま油:小さじ1/2
【A】
しょうゆ:大さじ1+小さじ1
みりん:大さじ1/2
酒:大さじ1/2
だし汁:大さじ2
塩:ひとつまみ

作り方

(1)ミズは葉を取ってから3cm幅に切り、塩を入れて沸騰させたお湯でゆで、ザルに広げてそのまま冷ます。
(2)しいたけは石づきを取って0.5cm幅に切り、人参とたけのこは千切り、糸こんにゃくはざく切りにする。
(3)鍋にサラダ油を入れ、(2)を加えてしんなりするまで炒め、【A】を加えてさらに炒める。(1)を加えて汁気がなくなるまで炒め、ごまとごま油を入れてひと混ぜする。

イカのマリネ

材料(4人分)

イカ:2杯
玉ねぎ:80g
きゅうり:60g
人参:20g
酢:少々
【A】
しょうゆ:大さじ1+小さじ1/2
酢:大さじ1+小さじ1
砂糖:大さじ1

作り方

(1)玉ねぎは皮をむき、繊維にそって薄切りにする。きゅうり、人参は千切りにする。
(2)Aを混ぜ合わせ、(1)の野菜を10分程度漬けこむ。
(3)イカは足とワタを引き抜き、胴の中を洗って軟骨も引き抜く。エンペラと胴は皮をむき、足は目の下から切り落とし、吸盤をさっとそぐ。
(4)(3)のイカを、酢を入れたお湯でゆで、冷ます。胴の部分は輪切り、エンペラとイカの足は食べやすい長さに切る。
(5)(4)のイカと(2)の野菜を混ぜ合わせ、器に盛る。

ゴーヤのフライ

材料(4人分)

ゴーヤ(20cm程度):2本
小麦粉:大さじ2
パン粉:適量
揚げ油:適量
塩:適量
【A】
溶き卵:2個分
小麦粉:大さじ8
水:大さじ8
カレー粉:大さじ1

作り方

(1)ボールなどに、Aの材料を混ぜ合わせ、卵液を作る。
(2)揚げ油を170℃に余熱し始める。
(3)ゴーヤはワタと種ごと幅7~8mmの輪切りにして、小麦粉をまぶしAの卵液に通してパン粉をつける。
(4)170℃に熱した油でカリッと揚げて油をきって器に盛り、お好みで塩をつけていただく。

スズキの天ぷら

材料(4人分)

スズキ40g程度:8切
塩:少々
天ぷら粉:30g
水:50cc
揚げ油:適量

作り方

(1)スズキは骨と皮を丁寧に取り除き、塩をふって5分ほどおく。
(2)分量の天ぷら粉と冷たい水を混ぜ合わせ、(1)をくぐらせる。
(3)170℃の油で揚げる。途中2~3回裏返し、出る泡が小さくなったら出来上がり。油を切りバットなどに置く。
(4)器に盛り付け、天つゆ(めんつゆ)に大根おろしとおろししょうがを入れたものや、抹茶塩などをお好みでつけてどうぞ。

ヨーグルトパプリカマフィン

材料(8個分)

ホットケーキミックス:100g
卵:1個
砂糖:大さじ4
プレーンヨーグルト:80g
無塩バター:30g
パプリカ:40g

作り方

(1)卵を割りほぐし、砂糖、ヨーグルト、溶かしバターを加えて泡だて器で混ぜる。
(2)(1)にホットケーキミックスと1cm角に切ったパプリカを加えて混ぜる。
(3)(2)にをアルミカップに入れて180度に温めたオーブンで20分から25分焼く。

カリフラワーのマリネ

材料(4人分)

カリフラワー:300g
タマネギ:1/4個
【A】
おろしにんにく:小さじ1/2
オリーブオイル:大さじ1+小さじ1
酢:大さじ1+小さじ1
塩:小さじ1/3
カレー粉:小さじ1/2弱
砂糖:小さじ1/2
粗びき黒こしょう:少々

作り方

(1)カリフラワーは、小房に分けて1cm幅に切る。耐熱ボウルに入れてラップをかけ、電子レンジで4~5分加熱する。
(2)タマネギは横半分に切って、薄切りにし、水に2~3分さらして水気を切る。ボウルにAを入れて混ぜ合わせ、(1)を加えてあえる。

きのこご飯

材料(4人分)

米:2合
しめじ:150g
しいたけ:6枚
舞茸:150g
油揚げ:1/2枚
油:適量
【合わせだし】
だし:400ml~450ml
みりん:大さじ1+1/2
塩:小さじ1/2
しょうゆ:大さじ2

作り方

(1)しめじ、舞茸は小房に分け、しいたけは、石づきを切り、1cm幅に切る。油揚げはスライスする。
(2)合わせだしの材料を合わせる。
(3)フライパンに少量の油を熱し、きのこを強火で炒めて香りを出す。※あまり触らず強火で一気に焼くと水っぽくならない
(4)炊飯器に米、油揚げ、合わせだし、(3)を入れて炊く(通常の炊飯モード)
(5)全体を軽く混ぜ合わせ、器に盛る

さつま芋のオレンジジュース煮

材料(4人分)

さつま芋:200g
オレンジジュース(果汁100%):200ml

作り方

(1)さつま芋は、皮ごときれいに洗い、1cm幅の輪切りにして水に放つ。
(2)鍋に水気を切ったさつま芋、オレンジジュースを加え、煮汁にとろみがつく位まで煮る。

里芋のコロッケ

材料(4人分)

里芋:160g
じゃがいも:160g
玉ねぎ:80g
にんじん:40g
豚ひき肉:80g
サラダ油:小さじ1
塩:少々
薄力粉:大さじ3+1/2
卵:小1個
パン粉:適量
揚げ油:適量

作り方

(1)里芋、じゃがいもは皮をむいてゆでる。柔らかくなったらザルにあげ、熱いうちにフォークやマッシャーなどでつぶす。
(2)玉ねぎ、にんじんは皮をむいてみじん切りにする。フライパンにサラダ油を熱し、玉ねぎ、にんじん、豚ひき肉を炒める。火が通ってきたところで、塩を加える。
(3)(1)に(2)を加えて混ぜ合わせ、8等分して形を形成する。
(4)(3)を小麦粉、溶き卵、パン粉の順にくぐらせ、180℃程度の油で揚げる。

いちじくの甘露煮

材料(作りやすい分量)

いちじく:1kg
酢:45ml
砂糖:250g

作り方

(1)いちじくは水洗いして、ザルに上げる。
(2)鍋に、いちじく、酢、砂糖の順で入れ、強火にかける。アクが出てきたら、丁寧にすくい、煮汁がきれいになってきたら、落としぶたをして、煮汁が半分になるまで煮る。
(3)煮汁が半分になったら、一度火を止めて冷やす。
(4)今度は弱火にかけ、時々焦げ付かないように鍋をゆすりながら煮汁が最初の3分の1程度になるまで煮詰めたら、また火を止めて冷ます。
(5)再び火にかけ、汁がとろりとしてきたら、火を止めて出来上がり。

うぐいす餅

材料(8個分)

白玉粉:50g
水:100ml
砂糖:70g
水あめ:大さじ1
練りあん:200g
青きな粉:適量

作り方

下準備

  • バットに、青きな粉を茶こしを使い、まんべんなく敷く。
  • 練りあんをを8等分にして丸めておく。

(1)鍋に白玉粉を入れ、ダマが残らないように塊をつぶし、水を入れて溶く。
(2)(1)に砂糖を入れて混ぜ合わせ、とろ火にかけながら滑らかになるまで混ぜる。
(3)(2)が固まってきたら、水あめを入れる。より滑らかになるまで混ぜ合わせ、一つにまとめる。
(4)(3)をバットに移し、表面にも青きな粉をまぶす。割り箸を使って8等分にする。
(5)青きな粉をつけた手のひらに(4)をのせ、楕円形に伸ばし練りあんをのせる。半分に折り合わせ、指でつまみ合わせる。とじ目を下にし、バットに戻す。
(6)両端をつまみ、うぐいすの形に整える。上から、青きな粉をふりかけて出来上がり。

きもどの酢みそ和え

材料(4人分)

きもど(あさつき):300g
イカ:1杯
みそ:大さじ2
砂糖:大さじ2
酢:大さじ1
酒:大さじ1

作り方

(1)鍋にたっぷりの水と塩ひとつまみ(分量外)を入れ、沸騰したら洗ったきもどを一度に入れる。菜箸で全体をくるりとひっくり返し、ゆで上がったらザルにあげる。
(2)(1)をすぐに冷水に浸し、青さと白さがくっきりしたら、キッチンペーパーなどで水気を切っておく。
(3)イカは足とワタを引き抜き、銅の中を洗って軟骨も引き抜く。耳と胴は皮をむき、足は目の下から切り落とし、吸盤をさっとそぐ。イカは長さ4cmの短冊切りにし、塩と酒(どちらも分量外)を入れた熱湯に10秒ほど入れた後、ザルにあげて水気を切って冷ます。
(4)すり鉢またはボウルに、みそと砂糖を入れよくすり合わせ、酢と酒を少しずつ加えてすり合わせる。
(5)(4)に(2)と(3)を入れ、菜箸や竹べらなどでやさしく混ぜ合わせて出来上がり。

黒豆ごはん

材料(4人分)

精白米:2合
黒豆(乾):30g
酒:大さじ1
塩:小さじ1

作り方

(1)黒豆をフライパンに入れ弱火にかけ、表面の皮に少しひびが入るまでいる。
(2)といだ米、酒、塩を炊飯器に入れる。水は普通のお米を炊く目盛りまで入れ、そこに(1)を入れ軽く混ぜ合わせスイッチを入れる。
(3)炊き上がれば出来上がり。

寒鱈汁

材料4人分

生たら切り身:4切
どんがら(あら):適量
あぶらわた(肝臓):適量
だだみ(白子):200g程度
だし昆布:10cm程度1枚
豆腐:300g
長ねぎ:1/2本
みそ:100g
酒粕:30g
岩のり:適量

作り方

(1)たらの身と頭、骨、あぶらわた(肝臓)をぶつ切りにする。
(2)豆腐はさいの目切り、長ねぎは斜め切りにする。
(3)鍋に水1000ml、だし昆布を入れ火にかける。沸騰直前で昆布を取りだし沸騰したらあぶらわた(肝臓)を入れ、ひと煮立ちさせる。
(4)たらの頭、骨を入れ、アクをよくすくい取りながら、中火で5分程煮る。
(5)みそと酒粕をといて入れ、味を調える。(お好みで加減してください。)
(6)たらの身を入れ5分程度煮る。
(7)豆腐とだだみ(白子)を入れ、ひと煮立ちしたら火を止め、長ねぎを加える。
(8)器に盛り、上に岩のりをのせる。

豚の角煮

材料(8人分)

豚バラ肉ブロック:800g~1kg
日本酒:50ml
皮付きショウガスライス:1/2かけ分
ネギの青い部分:10cm
水:かぶるくらい
【調味料A】
紹興酒(または日本酒):100ml
砂糖:大さじ5強
しょうゆ:100ml
【付け合わせ】
大根:300g(1/4本)
青菜:200g
卵:8個
練りからし:お好みで

作り方

(1)豚バラ肉はフライパンに入る程度に切り、強火で熱したフライパンに肉を入れ、全面に焼き色を付けるように焼く。
(2)鍋に(1)の肉、日本酒50ml、皮付きショウガスライス、ネギの青い部分を入れ、肉がかぶる程度の水を加えて中火で加熱する。ひと煮立ちしたら落し蓋をのせて弱火で1時間程煮て火から下ろす。冷めるまで置き、冷蔵庫で一晩休ませる。
(3)次の日、上に白く固まった脂とネギ・ショウガを取り除く。豚肉は取り出し5cm幅位に切り、大根は皮をむいて好みの大きさに切る。
(4)(3)の鍋に、豚肉、大根、調味料Aを入れ、材料がかぶる程度の水を加え中火にかける。ひと煮立ちさせたら弱火にして1時間程煮て火から下ろす。冷めるまで置き、冷蔵庫で一晩休ませる。
(5)次の日、鍋から肉を取り出してから煮汁を一度沸騰させ、火を止める。そこに肉を戻してやさしくかき混ぜ、弱火で肉を温める。
(6)卵はゆでて殻をむいておく。青菜はゆでて4cmくらいの長さに切っておく。
(7)器に角煮を盛り付け、大根、ゆで卵、青菜を添え、お好みで練りからしをつける。

手羽中の甘辛煮

材料(4人分)

鶏手羽中:500g
片栗粉:適量
ごま:大さじ2
サラダ油:大さじ3
【A】
しょうゆ:大さじ4
砂糖:大さじ3
酒:大さじ1
酢:大さじ1
ラー油:少々

作り方

(1)鶏手羽中に片栗粉をまぶす。
(2)【A】の調味料は混ぜておく。
(3)大きめのフライパンにサラダ油を入れる。(1)の鶏手羽中を入れてフタをして中火強で加熱する。
(4)裏返してさらに火が通るまで加熱する。(焦げないように気を付ける)
(5)肉に火が通ったら、いったん肉を取り出して、余分な油をクッキングペーパーでふき取る。(2)の調味料を入れたら、ひと煮立ちさせたところに肉を戻し入れ、ごまを入れて全体にからめる。

酒田キャラクター

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

健康福祉部 健康課 健康係
〒998-0036 酒田市船場町二丁目1-30
電話:0234-24-5733 ファックス:0234-24-5778

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

酒田市役所


〒998-8540
山形県酒田市本町二丁目2番45号
電話:0234-22-5111(代表)
開庁時間:平日午前8時30分から午後5時15分
(祝日、12月29日~1月3日を除く)
Copyright (C) City Sakata Yamagata Japan All Rights Reserved.
市へのご意見

フッターここまでこのページのトップに戻る