このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

傷ついた野生鳥獣について

更新日:2018年6月28日

傷ついた鳥獣を見つけたら

野生動物は厳しい自然界の中で生きており、他の動物から襲われるなどによりケガをしますが、軽いケガであれば自然に回復するたくましさを持っています。人が捕まえようとすることでストレスを受け、かえって弱らせてしまう可能性があるため、保護することが動物にとって必ずしも良いこととは言えません。かわいそうだと思っても見守ってあげることが大切です。弱っている動物を助けようとする気持ちは大切ですが、人が必要以上に自然界に干渉することで、生態系を乱す危険性があることを理解してください。

ヒナを見つけたら

地面に落ちていても拾わずにそっと見守ってあげましょう。巣立ち直後のヒナはほとんど飛ぶことができずあまり動きません。親鳥は人が近くにいると警戒してヒナに近づけないため、その場から立ち去る方が良いでしょう。かわいそうだと思って保護したつもりでも、ヒナを親鳥から引き離すことになりますのでご注意ください。

野生鳥獣への餌付けは止めましょう

野生動物は自然の中で自ら餌を採って生きています。餌付けにより野生動物を人のそばに呼び寄せることで、自ら餌を採れなくなるばかりか、共通の感染症にかかる危険性が高まります。餌付けの自粛についてご理解とご協力をお願いします。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

市民部 環境衛生課 環境保全係
〒998-0104 酒田市広栄町三丁目133
電話:0234-31-0933 ファックス:0234-31-0932

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

酒田市役所


〒998-8540
山形県酒田市本町二丁目2番45号
電話:0234-22-5111(代表)
Copyright (C) City Sakata Yamagata Japan All Rights Reserved.
市へのご意見

フッターここまでこのページのトップに戻る