このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

令和3度公益活動支援補助金応募団体を募集します

更新日:2021年4月2日

令和3年度から制度を刷新することになりました。

公益活動支援補助金応募団体を募集します

公益活動団体の立ち上げや、新しい取り組みを支援する「団体育成型」、
団体同士の協働による新しい活動の創出を推進する「団体間協働型」の2つの補助コースで公益活動を支援します。

対象

団体育成型

代表者および半数以上の構成員が市内に住所を有し、主に市内で計画的に公益活動を実践する3人以上の団体・グループ(法人格の有無は問いません)。
ボラポートさかた(酒田市ボランティア・公益活動センター)に登録している団体。(未登録団体は補助金申請と同時に登録していただきます。)

団体間協働型

団体育成型の要件に当てはまる団体で、他のボラポートさかた登録団体と協働して公益活動を実施できる団体。
※申請の際は、申請主体となる代表団体を決めていただきます。

対象事業

団体育成型

対象団体が自主的に行う組織的な公益活動であり、特定非営利活動促進法第2条別表に記載されている各分野の活動で、新たに取り組む事業

団体間協働型

団体育成型の要件に加え、複数の対象団体が協働して取り組む公益活動

対象外事業

  • 営利目的、宗教的または政治的な活動
  • 他の補助金等の交付を受けているか、その予定のある活動
  • その他公益を害する恐れのあるような活動

※同一団体の補助回数は、最大3回まで

助成金額

対象経費の3分の2以内で、団体育成型20万円、団体間協働型30万円を上限として助成します。
※団体などの経常的な運営経費、団体構成員に対する人件費・謝礼・旅費、食糧費(ボランティア謝礼的ものは除く)、建設費、備品購入費などは対象になりません。
※「備品」の定義としては、「おおよそ単価15,000円以上で継続的に使用できる物品」となります。

申し込み

4月9日(金曜)午後5時(厳守)まで所定の申請用紙と必要書類を交流ひろば1階、ボラポートさかたへ
※書類に大きな不備がある場合は、申請が成立しませんので、申請前に必ず事前相談をお願いいたします。

審査

1次審査:書類審査
2次審査:1次審査通過団体のみ)掲示物審査(応募団体作成の企画説明掲示物を審査)で公募の市民審査員が審査

申請の手引き

※様式等は下記ファイルを参考にしてください。

申請時様式

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

ボラポートさかた(酒田市ボランティア・公益活動センター)
(交流ひろば内)
メール:volunteer@sakata-shakyo.or.jp
酒田市中町3丁目4-5
電話:0234-43-8165 ファックス:0234-26-5617

市民部 まちづくり推進課 地域づくり係
〒998-8540 酒田市本町二丁目2-45
電話:0234-26-5725 ファックス:0234-26-4911

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


サブナビゲーションここから
サイトメニューここから

キーワードでさがす

サイト検索:キーワードを入力してください。

お気に入り

編集

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで
以下フッターです。

酒田市役所


〒998-8540
山形県酒田市本町二丁目2番45号
電話:0234-22-5111(代表)
Copyright (C) City Sakata Yamagata Japan All Rights Reserved.
市へのご意見

フッターここまでこのページのトップに戻る