このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

細菌性赤痢の終息について

更新日:2020年2月5日

細菌性赤痢の終息について

山形県は、昨年12月4日に酒田市内で発生した細菌性赤痢の集団発生について、2月5日をもって感染拡大が終息したものと判断しました。
なお、インフルエンザや新型コロナウイルスなど感染症全般の予防のため、引き続き手洗い、うがいなどの徹底をお願いします。

第9報

12月25日(水曜日)に新たに1名の患者が確認されました。発病した方は12月4日に発生した細菌性赤痢の幼児らが通園している保育所の園児で、これまで届出があった患者の家族です。

第8報

12月23日(月曜日)に新たに1名の患者が確認されました。発病した方は12月4日に発生した細菌性赤痢の幼児らが通園している保育所の園児家族で、現在回復しています。

第7報

12月20日(金曜日)に新たに1名の患者が確認されました。発病した方は12月4日に発生した細菌性赤痢の幼児らが通園している保育所の園児家族で、現在快方に向かっています。

第6報

12月18日(水曜日)に新たに2名の患者が確認されました。2名はいずれも入院はしておらず、現在快方に向かっています。本件に係る患者数は25名となりました。

第5報

12月14日(土曜日)に新たに1名の患者が確認されました。発病した方は快方に向かっています。なお、12月4日に発生した細菌性赤痢の幼児らが通園している保育所の園児家族ではありません。

第4報

12月11日(水曜日)に新たに6名の患者が確認されました。発病した方は全員快方に向かっています。また、幼児が利用している保育所は12月12日(木曜日)から感染が確認されなかった園児を対象に開園しています。

第3報

12月9日(月曜日)に新たに5名の患者が確認されました。発病した方は全員快方に向かっています。また、幼児が利用している保育所は12月7日(土曜日)から11日(水曜日)まで休園措置をとっています。

第2報

12/9(月曜日)までに新たに9名の患者が確認されました。
令和元年12月4日(水曜日)に確認した細菌性赤痢患者の関連調査で判明したもので、発病した方は本市の同じ保育所を利用している幼児及び家族です。

第1報

12月4日(水曜日)に本市において細菌性赤痢患者2名が確認されました。
現在庄内保健所において感染原因の調査を実施するとともに、家族などへの健康観察や予防方法の指導を行っています。

赤痢とは(消毒方法について)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

健康福祉部 健康課 健康係
〒998-0036 酒田市船場町二丁目1-30
電話:0234-24-5733 ファックス:0234-24-5778

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

酒田市役所


〒998-8540
山形県酒田市本町二丁目2番45号
電話:0234-22-5111(代表)
Copyright (C) City Sakata Yamagata Japan All Rights Reserved.
市へのご意見

フッターここまでこのページのトップに戻る