このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

入院で、医療費が高額になりそうです。補助などはありませんか?

更新日:2016年10月1日

回答

「高額療養費制度」があります。この制度は、1か月の医療費が自己負担限度額(※)を超えたときに、超えた分の金額の払い戻しを受けることができる制度です。医療費が高額になりそうな診療を受ける場合の手続きは、次の2通りの方法があります。
1 受診前に酒田市国保へ「限度額適用認定証」の交付を申請し、医療機関の窓口に提示する。
医療費の支払額が自己負担限度額までに変わります。
住民税が非課税の世帯には、入院時の食事代が減額される「減額認定証」が同時に交付されます。
申請に必要なもの
(1)保険証
(2)印鑑
2 受診後に医療機関へ医療費を支払った後、酒田市国保へ高額療養費の申請をする。
支払った医療費のうち、自己負担限度額を超えた分が払い戻しされます。
申請に必要なもの
(1)保険証
(2)印鑑
(3)通帳
(4)1か月間の医療機関の領収書やレシート(対象分すべての領収書が必要)

  • 自己負担限度額は世帯の所得や年齢などにより異なります。詳しくは下記のリンク先をご覧ください。

問合せ先
八幡総合支所地域振興課市民係 電話:0234-64-3112
松山総合支所地域振興課市民係 電話:0234-62-2611
平田総合支所地域振興課市民係 電話:0234-52-3913

お問い合わせ

健康福祉部 国保年金課 国保係
〒998-8540 酒田市本町二丁目2-45
電話:0234-26-5727 ファックス:0234-22-6466

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


サブナビゲーションここから
サイトメニューここから

キーワードでさがす

サイト検索:キーワードを入力してください。

お気に入り

編集

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで
以下フッターです。

酒田市役所


〒998-8540
山形県酒田市本町二丁目2番45号
電話:0234-22-5111(代表)
Copyright (C) City Sakata Yamagata Japan All Rights Reserved.
市へのご意見

フッターここまでこのページのトップに戻る