このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

酒田市で土木工事等を計画されている方へ

更新日:2017年12月12日

遺跡の中で土木工事などを行う場合には、手続きが必要になります。

手続きの流れ

1.遺跡の有無の確認

土地や建物に関係する各種事業の計画を立てる場合は、事業予定地内に遺跡が有るか無いかを教育委員会社会教育文化課文化財係に照会してください。※遺跡の有無の確認は山形県の外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。ホームページ(外部サイト)からも確認することができます。

  • 事業予定地に遺跡がある、または隣接している。 →2に進みます。
  • 事業予定地に遺跡がない →手続きは不要です。ただし、約1000平方メートル以上の大規模な開発を計画している場合は、工事中の不時発見がないようにするため、遺跡の有無に関わらず教育委員会社会教育文化課文化財係に照会してください。
  • 工事中に遺跡を発見した →4に進みます。

2.届出の提出

周知の遺跡の中で土木工事などを行う場合、文化財保護法第93条による届出が必要です。※様式は山形県のホームページから外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。ダウンロード(外部サイト)できます。

  • 本文と別記に必要事項を記入します。
  • 図面等、必要な書類を用意します。(本文に記載されています)。
  • 工事着手予定日の60日前までに、教育委員会社会教育文化課文化財係まで提出します。

3.取り扱いの決定

教育委員会社会教育文化課文化財係に届出を提出する

教育委員会社会教育文化課文化財係が意見書を作成する

教育委員会社会教育文化課文化財係から山形県教育委員会に意見書を提出する。

取り扱いの決定・通知
取扱いには、発掘調査、工事立会、慎重工事などがあります。

4.遺跡を発見した場合の手続き

工事の途中で、遺跡を発見した場合は、文化財保護法96条による届出が必要です。工事を中断し、遅滞無く教育委員会社会教育文化課文化財係まで届出てください。現状を確認します。※様式は山形県のホームページから外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。ダウンロード(外部サイト)できます。

お問い合わせ

教育委員会 社会教育文化課 文化財係
〒998-8540 酒田市本町二丁目2-45
電話:0234-24-2994 ファックス:0234-23-2257

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

酒田市役所


〒998-8540
山形県酒田市本町二丁目2番45号
電話:0234-22-5111(代表)
Copyright (C) City Sakata Yamagata Japan All Rights Reserved.
市へのご意見

フッターここまでこのページのトップに戻る