このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

酒田市住宅リフォーム総合支援事業 

更新日:2017年8月18日

平成29年度の申し込みについて

予算額に達したため、今年度のリフォーム補助金の募集は終了しました(8月18日)。

酒田市住宅リフォーム総合支援事業とは

安全で良質な居住環境を形成するために、住宅の質の向上を図る住宅リフォーム工事に対し、工事に要する費用の一部を助成する事業です。
詳しくは、こちらのダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。パンフレット(PDF:1,019KB)をご覧ください。
工事に着手する前に申し込んでください。

対象となる工事(次のすべての項目に該当する工事を行う場合)

  1. 住宅の質の向上を図る住宅リフォーム工事(ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。工事点数表(PDF:19KB)参照)を含み、工事点数の合計が10点以上となる工事(ただし、対象工事費が50万円未満のときは、5点以上)。
  2. 対象工事費の合計が25万円以上であること。
  3. 現在の住宅が、建築基準法令に違反していないものであること。
    ※現行法令に適合しない部分を適合するように是正する工事費用は補助の対象にはなりません。
  4. 過去にこの事業による補助を受けていないこと。
    ※この事業による補助が受けられるのは、1住宅に対して1回限りとなります。
  5. 酒田市内に事業所、営業所がある法人又は個人事業者による工事(ただし、本店は山形県内にあること。)
    例外として、市外の施工者で申請者と親戚関係を示せる場合は対象とします。

補助の対象者(次のすべての項目に該当する方が申込みをすることができます)

  1. 補助の対象となる住宅の所有者であること。
    または、空き家の借主で工事に関して貸主(個人に限る)の承諾を得ていること。
  2. 補助の対象となる住宅に居住していること。または、実績報告までに居住すること。
  3. 補助の対象となる工事について、国・山形県・酒田市で実施している他の補助制度を利用していないこと。
  4. 市税等を滞納していないこと。
  5. 平成30年2月28日までに実績報告書を提出できること(ただし、酒田市住宅改善支援事業を併用利用する場合は、平成30年2月15日まで)
  6. 暴力団員等でないこと。

補助の内容、補助の条件

ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。パンフレット(PDF:1,019KB)で確認してください。

補助金の額

補助対象工事費用の2割以内、かつ上限40万円(1万円未満切り捨て)

  • 三世代世帯、県外からの移住世帯、近居世帯、新婚世帯、子育て世帯は、補助率の引き上げ・上限額の引き上げあり。
  • 酒田産木材を3立方メートル以上使用する場合、または空き家を活用する場合は、上限額の引き上げあり。

補助の申請時期

工事の着手前

工事の着手時期

交付決定後

補助金の交付時期

市の工事完成検査に合格した後

酒田市の他の制度との利用

※重複利用となる場合は、補助の金額が変更となる場合があります。

  • 同一の工事は二重に補助対象とはなりません。
  • 対象工事が異なる場合で工事区分出来る場合は、それぞれの補助制度の対象となります。
  • 市の融資制度を併用利用する場合は、融資額より減額となります。

市の融資制度

市の補助制度

やさしい住まいづくり事業

申請に必要な書類

  1. ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。交付申請書(PDF:16KB)表裏あり両面印刷(平成29年度改定)
  2. ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。工事点数表(PDF:19KB)
  3. 工事計画平面図(住宅全体の間取りがわかるものに、工事箇所を記入したもの)
  4. 工事見積書の写し
  5. 申請者の納税証明書平成28年度分)の写し
  6. 工事箇所全ての着工前のカラー写真(A4用紙に貼付けまたは印刷し、工事箇所名を記入したもの)
  7. 申請者と同居している世帯全員の住民票の写し(本籍・続柄が表示されているもの)
  8. ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。申請時チェックリスト(PDF:167KB)表裏あり両面印刷
  9. 申請時チェックリストで該当する書類

酒田産木材を使用する場合は

手書きの方は下記のPDFを印刷して使用してください。

空き家を活用する場合は

新婚世帯で入籍予定である場合は

工事完了時の提出書類

  1. ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。実績報告書(PDF:6KB)
  2. 工事施工写真(工事中、完了後)
  3. 工事契約書、領収書のいずれかの写し
  4. 請求書
  5. 実績報告時チェックリストで該当する書類

請求書の記入方法

工事を中止することになったら

申請時と状況が変わり、やむを得ない理由により工事をとりやめることになった場合は、
辞退届の提出が必要です。すみやかに酒田市役所建設部建築課までご連絡ください。

リンク先

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

建設部 建築課 確認審査係
〒998-8540 酒田市本町二丁目2-45
電話:0234-26-5749 ファックス:0234-26-6482

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

酒田市役所


〒998-8540
山形県酒田市本町二丁目2番45号
電話:0234-22-5111(代表)
Copyright (C) City Sakata Yamagata Japan All Rights Reserved.
市へのご意見

フッターここまでこのページのトップに戻る