このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

離婚届

更新日:2018年7月13日

離婚するときは、戸籍の届出が必要です。
離婚届を提出した日から法律上の効力が発生します。

必要なもの

  1. 離婚届書協議離婚の場合は証人欄に、成人に達した方2名の署名・押印が必要です
  2. 戸籍謄本(全部事項証明)1通 酒田市以外に本籍のある方が酒田市に届出をする場合は必要です
  3. 夫と妻の印鑑届書に押印した印鑑で、朱肉を使って押印するもの
  4. 本人確認書類運転免許証、パスポート、住民基本台帳カード、マイナンバーカードなど、官公署発行の顔写真付きのもの
    (詳しくは本人確認書類のページをご覧ください)

裁判離婚の場合の必要書類

  • 調停離婚の場合 調停調書の謄本
  • 審判離婚の場合 審判書の謄本、確定証明書
  • 和解離婚の場合 和解調書の謄本
  • 認諾離婚の場合 認諾調書の謄本
  • 判決離婚の場合 判決書の謄本、確定証明書

届出をするところ

夫妻の本籍地、住所地または一時滞在地のいずれか

記入上の注意

  • 黒ボールペンか黒インクではっきりと正確に記入してください(鉛筆・消せるボールペンは不可)。
  • 書き間違えたときは訂正する文字の中央に線を引き、その欄に正しく記入しなおしてください(修正液・修正テープなどは使用しないでください)。
  • 印鑑は認印で構いませんが、朱肉を使って押印するものを使用し、シャチハタ等のスタンプ印は使用しないでください。

詳しくはダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。「離婚届の書き方と注意事項」(PDF:419KB)でご確認ください。

離婚届の書き方と注意事項

離婚後の氏

婚姻によって氏を改めた夫または妻は、離婚によって婚姻前の氏に戻ります。
婚姻中の氏をそのまま使用するには、離婚と同時、または離婚の日から3か月以内に、「離婚の際に称していた氏を称する届出(戸籍法77条の2の届出)」が必要です。

  • 詳しくは受付窓口へお問い合わせください。

お子さまの入籍届

保護者が離婚しても、子どもの戸籍(氏)に変動はありません。親権者である母(父)と同じ戸籍にしたい場合は、家庭裁判所の許可(申立てが必要)を得た上で、「入籍届」を市区町村役場へ提出していただく必要があります。

離婚届に伴う各種手続き

住所の変更

  • 住所の変更をするときや世帯を別にするときは、離婚届とは別に「住民異動届」が必要です。住民異動届は平日の開庁時間に届出をしてください。
  • 届出の際、必ず必要なもの 印鑑(本人届出の場合は不要)・本人確認書類(運転免許証など)
  • 外国人の方の場合、転居などの住民異動手続きの際、在留カードが必要です。
  • 転居・転入・転出などの住所異動については「住民異動の手続きについて」のページをご覧ください

お子さまがいらっしゃる場合

「ひとり親家庭への支援について」のページをご覧ください

そのほかの手続き

離婚に伴って想定される様々な手続きをご紹介しますので参考にしてください。
ここに記載のないもので手続きが必要となる場合もありますのでご了承ください。

印鑑登録

手続き
登録印に変更前の氏が含まれている場合(フルネームの印も含む)は、自動的に登録が廃止されます。現在お持ちの印鑑登録証(カード)をお返しいただくか、使用できないよう処分してください。
変更後の氏の印鑑登録証が必要な場合は、ご本人が改めて登録申請をしてください。
「印鑑登録について」のページを参照ください
受け付け窓口
市役所1階市民課
各総合支所地域振興課

住民基本台帳カード

手続き
氏・住所に変更があった場合は手続きが必要です。
必要なもの 住民基本台帳カード、認印
受け付け窓口
市役所1階市民課
各総合支所地域振興課

通知カード

手続き
氏・住所に変更があった場合は手続きが必要です。
必要なもの 通知カード、認印
受け付け窓口
市役所1階市民課
各総合支所地域振興課

マイナンバーカード

手続き
氏・住所に変更があった場合は手続きが必要です。
必要なもの/マイナンバーカード、認印
受け付け窓口
市役所1階市民課
各総合支所地域振興課

パスポート

手続き
氏・本籍地の変更が必要です。市役所1階市民課内、パスポート申請窓口に問い合わせてください。
「旅券(パスポート)の申請のご案内」のページを参照ください
受け付け窓口
市役所1階市民課
各総合支所地域振興課

国民健康保険

手続き

  • 氏・住所・世帯主が変更になった場合
    必要なもの 国民健康保険証
    ※業務時間外(夜間・休日)に離婚届を提出した場合は、後日、変更後の氏を記載した国民健康保険証を市から郵送します。
  • 配偶者の職場の健康保険の扶養から外れた場合
    国民健康保険の加入手続きが必要です。
    必要なもの 資格喪失連絡票、認印、年金手帳(20歳以上60歳未満の方)

「国民健康保険の加入と脱退」のページを参照ください
受け付け窓口
市役所1階市民課
各総合支所地域振興課

国民年金

手続き
20歳以上60歳未満の方で、厚生年金または共済年金に加入している配偶者の扶養を外れた場合、市役所に国民年金第1号被保険者への変更届が必要です。
必要なもの 資格喪失連絡票、認印、年金手帳
受け付け窓口
市役所1階国保年金課
各総合支所地域振興課

社会保険共済組合

手続き
健康保険証等の氏・住所の変更がある場合は、勤務先等にお問い合わせください。

運転免許証

手続き
記載事項(氏・本籍・住所)変更については、警察署に直接お問い合わせください。
酒田警察署 電話:0234-23-0110(代表)

郵便物

手続き
最寄りの郵便局に備え付けてある「転居届」のハガキに必要事項を記入・押印の上、郵便局窓口に提出するか、またはポストに投函してください。
市民課窓口にも「転居届」のハガキがありますのでご利用ください。

主な戸籍の届出

クリックすると、それぞれの詳しいページが開きます。

  • 上記に掲載のない届出については、下記担当係へお問い合わせください。
  • 戸籍の届書用紙は日本全国共通ですので他市区町村の用紙もお使いいただけます。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

市民部 市民課 戸籍係
〒998-8540 酒田市本町二丁目2-45
電話:0234-26-5724 ファックス:0234-22-6466

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

酒田市役所


〒998-8540
山形県酒田市本町二丁目2番45号
電話:0234-22-5111(代表)
Copyright (C) City Sakata Yamagata Japan All Rights Reserved.
市へのご意見

フッターここまでこのページのトップに戻る