このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

土地の価格が下落しているのに、固定資産税が逆に増額になる土地があるのはなぜでしょうか?

更新日:2016年10月1日

回答

土地課税の変遷についてご説明いたします。
平成5年まで
〔評価額〕地価公示価格をもとに市町村毎に定められたもの
酒田市の場合、平均で地価公示価格の3割程度
〔課税標準額〕基本的には評価額と同じ(住宅が建っていることによる軽減等を除く)
平成6年以降
〔評価額〕地価公示価格の7割
〔課税標準額〕平成5年度課税標準額×負担調整率

平成6年度の評価替から評価額が地価公示価格の7割に統一され、結果的にかなりの上昇になりました。しかし、それに従って課税額も上昇させるわけにはいかなかったため、課税標準額が徐々に評価額に近づいていくように上昇していく形としました。
評価額が下落しても、税額が上昇するのは、下落した評価額に対しても課税標準額の割合がまだ低い水準にあるために、上昇しているということなのです。

お問い合わせ

総務部 税務課 固定資産第一係
〒998-8540 酒田市本町二丁目2-45
電話:0234-26-5715 ファックス:0234-26-5718

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


サブナビゲーションここから
サイトメニューここから

キーワードでさがす

サイト検索:キーワードを入力してください。

固定資産税

お気に入り

編集

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで
以下フッターです。

酒田市役所


〒998-8540
山形県酒田市本町二丁目2番45号
電話:0234-22-5111(代表)
Copyright (C) City Sakata Yamagata Japan All Rights Reserved.
市へのご意見

フッターここまでこのページのトップに戻る