このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

宅地の評価に地価公示価格を活用している理由は何ですか?

更新日:2016年10月1日

回答

固定資産税の価格(評価額)は適正な時価をいいます。
しかし、バブル期、特に大都市部において、地価が急騰した時期に、税負担の急激な上昇を避けるために、評価額の上昇幅を抑えてきた時期がありました。
そのため、公的土地評価と言われる、地価公示価格、相続税評価額とは、かけ離れたものになり、適正な時価とは言いがたい状態でした。
この状態を打開するために、相続税評価額と同様に、地価公示価格、不動産価格を活用し、これの7割を固定資産税の適正な時価としました。

お問い合わせ

総務部 税務課 固定資産第一係
〒998-8540 酒田市本町二丁目2-45
電話:0234-26-5715 ファックス:0234-26-5718

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


サブナビゲーションここから
サイトメニューここから

キーワードでさがす

サイト検索:キーワードを入力してください。

固定資産税

お気に入り

編集

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで
以下フッターです。

酒田市役所


〒998-8540
山形県酒田市本町二丁目2番45号
電話:0234-22-5111(代表)
Copyright (C) City Sakata Yamagata Japan All Rights Reserved.
市へのご意見

フッターここまでこのページのトップに戻る