このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

更地と住宅が建っている土地とでは、どれくらい税額が違いますか?

更新日:2016年10月1日

回答

住宅が建っている土地には、課税標準の特例というものがあります。
住宅が建っていない土地に比べて税額は低くなります。
小規模住宅用地(200平方メートルまで)は、課税標準額が固定資産税で6分の1、都市計画税で3分の1に、住宅用地(200平方メートルを超える土地)は固定資産税で3分の1、都市計画税で3分の2になります。

300平方メートルの宅地で住宅が建っている場合といない場合では固定資産税が1対4.5、都市計画税が1対2.25となりますが、負担水準が高くなっていれば、課税標準額の引き下げ、据え置きが適用され非住宅地についても課税標準額の上昇が抑制されるため、固定資産税で1対3.15、都市計画税で1対1.57程度の差となります。

お問い合わせ

総務部 税務課 固定資産第一係
〒998-8540 酒田市本町二丁目2-45
電話:0234-26-5715 ファックス:0234-26-5718

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


サブナビゲーションここから
サイトメニューここから

キーワードでさがす

サイト検索:キーワードを入力してください。

固定資産税

お気に入り

編集

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで
以下フッターです。

酒田市役所


〒998-8540
山形県酒田市本町二丁目2番45号
電話:0234-22-5111(代表)
Copyright (C) City Sakata Yamagata Japan All Rights Reserved.
市へのご意見

フッターここまでこのページのトップに戻る