このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

償却資産の課税対象資産とはどのようなものですか?

更新日:2016年10月1日

回答

会社や個人で工場や商店などを経営しておられる方が、土地、家屋を除く、その事業のために用いることができる資産をいいます。大別すると6種類あります。

  1. 構築物(煙突、門、駐車場の舗装路面等)
  2. 機械及び装置(旋盤、土木機械、建設機械等)
  3. 船舶(漁船、貨物船等)
  4. 航空機(飛行機、ヘリコプター等)
  5. 車両及び運搬具(大型特殊自動車、フォークリフト等)
  6. 工具、器具及び備品(測定工具、OA機器、広告看板等)

ただし、耐用年数が1年未満の資産、取得価格が20万円未満の資産で法人税法等の規定により3年以内に一括して均等償却するもの、自動車税及び軽自動車税の対象となるものは課税の対象となりません。

お問い合わせ

総務部 税務課 償却資産係
〒998-8540 酒田市本町二丁目2-45
電話:0234-26-5717 ファックス:0234-26-5718

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


サブナビゲーションここから
サイトメニューここから

キーワードでさがす

サイト検索:キーワードを入力してください。

固定資産税

お気に入り

編集

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで
以下フッターです。

酒田市役所


〒998-8540
山形県酒田市本町二丁目2番45号
電話:0234-22-5111(代表)
Copyright (C) City Sakata Yamagata Japan All Rights Reserved.
市へのご意見

フッターここまでこのページのトップに戻る