このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

私は昨年の10月に退職して現在も無職ですが、今年の6月に市役所から納税通知書が送られてきました。市・県民税は毎月給料から差し引かれていましたし、退職の時に退職金から市・県民税を差し引かれましたので、これはまちがいではないでしょうか?

  • 現在のページ
  • トップページ
  • よくある質問
  • 税金
  • 個人市民税
  • 私は昨年の10月に退職して現在も無職ですが、今年の6月に市役所から納税通知書が送られてきました。市・県民税は毎月給料から差し引かれていましたし、退職の時に退職金から市・県民税を差し引かれましたので、これはまちがいではないでしょうか?

更新日:2016年10月1日

回答

差し引かれた市・県民税は、退職金に対するもので、退職金が支払われる際に差し引かれ、会社を通じて納入されますが、退職金以外の所得に対する市民税・県民税は、その翌年に課税されることになっています。
前年中に所得があれば、たとえ今年所得がなかったとしても、市・県民税を納めていただくことになります。
あなたの場合は、昨年1月から10月までの給与等により市・県民税が計算され、今年度納めていただくため通知したものであり、まちがいではありません。

お問い合わせ

総務部 税務課 市民税係
〒998-8540 酒田市本町二丁目2-45
電話:0234-26-5712
電話:0234-26-5713
電話:0234-26-5714 ファックス:0234-26-5718

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


サブナビゲーションここから
サイトメニューここから

キーワードでさがす

サイト検索:キーワードを入力してください。

個人市民税

お気に入り

編集

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで
以下フッターです。

酒田市役所


〒998-8540
山形県酒田市本町二丁目2番45号
電話:0234-22-5111(代表)
Copyright (C) City Sakata Yamagata Japan All Rights Reserved.
市へのご意見

フッターここまでこのページのトップに戻る