このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

新型(しんがた)コロナウイルス(ころなういるす)感染症対応(かんせんしょうたいおう)休業支援金・給付金(きゅうぎょうしえんきん・きゅうふきん)の説明(せつめい)

更新日:2020年8月14日

新型(しんがた)コロナウイルス(ころなういるす)感染症対応(かんせんしょうたいおう)休業支援金・給付金(きゅうぎょうしえんきん・きゅうふきん)の説明(せつめい)

新型コロナウイルス感染症及びそのまん延防止の措置の影響により休業させられた中小企業の労働者のうち、休業中に賃金(休業手当)を受けることができなかった方に対して、本人の申請により、新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金が支給されます。

新型(しんがた)コロナウイルス(ころなういるす)で 会社(かいしゃ)が 休(やす)みに なって、休業手当(きゅうぎょうてあて)〈休(やす)んでいるとき 会社(かいしゃ)から もらう お金(かね)〉が もらえなかった人(ひと)は 国(くに)から 特別(とくべつ)な お金(かね)が もらえます。くわしいことは 厚生労働省(こうせいろうどうしょう)のウェブサイト(うぇぶさいと)を 見(み)て ください。

会社(かいしゃ)を休(やす)む 前(まえ)の賃金(ちんぎん)〈会社(かいしゃ)から もらう お金(かね)〉の80%のお金(かね)(1日(にち)で 高(たか)くても11,000円(えん)を 休(やす)んだ日(ひ)の数(かず)に あわせて もらうことが できます。お金(かね)を もらうには 申請(しんせい)〈書類(しょるい)を 書(か)いて 送(おく)ります〉を してください。 

新型コロナウィルス感染症休業支援金・給付金についてのやさしい日本語による案内
会社を休む前の賃金の80%のお金(1日上限11,000円)を休んだ日数の分もらうことができる制度です

書(か)き方(かた) 送(おく)り方(かた)について

お問(と)い合(あ)わせ先(さき)

電話(でんわ)で 相談(そうだん)したいときは 厚生労働省(こうせいろうどうしょう)コールセンター(こーるせんたー)に 電話することが できます。
新型(しんがた)コロナウイルス(ころなういるす)感染症対応(かんせんしょうたいおう)休業支援金・給付金’(きゅうぎょうしえんきん・きゅうふきん)コールセンター(こーるせんたー)
電話番号(でんわばんごう)0120-221-276
月曜日(げつようび)から金曜日(きんようび)まで 午前(ごぜん)8時(じ)30分(ふん)から午後(ごご)8時(じ)まで 電話することが できます
土曜日(どようび)、日曜日(にちようび)、祝日(しゅくじつ) 午前(ごぜん)8時(じ)30分(ふん)から午後(ごご)5時(じ)15分(ふん)まで 電話することが できます

「新型(しんがた)コロナウイルス感染症(ころなういるすかんせんしょう)対応休業支援金・給付金(たいおうきゅうぎょうしえんきん・きゅうふきん)」について 知(し)るには こちらを みてください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

市地域創生部 地域共生課 国際交流サロン
〒998-0044 酒田市中町三丁目4-5 交流ひろば内
電話:0234-26-5615 ファックス:0234-26-5617

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


サブナビゲーションここから
サイトメニューここから

キーワードでさがす

サイト検索:キーワードを入力してください。

国際交流サロン

お気に入り

編集

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで
以下フッターです。

酒田市役所


〒998-8540
山形県酒田市本町二丁目2番45号
電話:0234-22-5111(代表)
Copyright (C) City Sakata Yamagata Japan All Rights Reserved.
市へのご意見

フッターここまでこのページのトップに戻る