このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

映画「梅切らぬバカ」鑑賞会を開催しました

更新日:2022年3月31日

映画「梅切らぬバカ」の鑑賞を通して、共生社会に対する理解を深めました

令和4年3月21日(祝日)、本市出身の映画監督・和島香太郎氏が共生社会をテーマに監督・脚本を手がけた映画「梅切らぬバカ」の鑑賞会を希望ホール(大ホール)で開催しました。
当日は、和島監督ご本人から会場に足を運んでいただき、舞台挨拶として映画に込めた思いをお話ししていただきました。午前と午後の2回上映を行った鑑賞会には計約900人が来場し、共生社会に対する理解を深めました。
なお、今回の鑑賞会では、耳の不自由な方も楽しめるように「バリアフリー字幕」を表示して上映したほか、障がいを持つ方や小さいお子様連れの方に配慮して、通常の上映環境より会場内の照明を明るく、音響の音量を控えめにして上映する「フレンドリー上映」を実施しました。

(主催/酒田市・酒田市ホストタウン推進協議会)

当日の様子

皆さまより募金へご協力いただきました

会場では、障がい福祉に役立てるとともに共生社会を推進するため、社会福祉法人酒田市社会福祉協議会により赤い羽根共同募金活動が行われました。また、同時にウクライナ人道危機救援金を募る活動も行われました。当日は、多数の来場者から募金に心を寄せていただきました。誠にありがとうございました。
赤い羽根共同募金にお寄せいただいた募金は、県の共同募金会を通じて自閉症を含む障がい者の施設などへの支援に活用させていただきます。
また、ウクライナ人道危機救援金としてお寄せいただいた募金は、日本赤十字社山形県支部を通じて各国赤十字社が実施するウクライナでの人道危機対応やウクライナからの避難民を受け入れる周辺国における救援活動に活用させていただきます。

バリアフリー字幕・フレンドリー上映とは?

バリアフリー字幕

耳が不自由な方にも映画を楽しんでいただけるように、登場人物が話しているセリフのほか、泣く、笑うなどの感情を表す音、靴音などの人が立てる音、雨や風の音やBGMなど、そのときに聞こえている音や音楽なども字幕で表すものです。

フレンドリー上映

障がいを持つ方や小さいお子様連れの方にも気兼ねなく映画を楽しんでいただくため、通常の上映環境より会場内の照明を明るく、音響の音量を控えめにして上映する方法です。

作品情報

(c)2021「梅切らぬバカ」フィルムプロジェクト

作品名

梅切らぬバカ

監督・脚本

和島香太郎氏(酒田市出身)

主なキャスト

加賀まりこ、塚地武雅ほか

上映時間

77分

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

地域創生部 交流観光課 交流事業係
〒998-8540 酒田市本町二丁目2-45
電話:0234-26-5809 ファックス:0234-22-3910

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


サブナビゲーションここから
サイトメニューここから

キーワードでさがす

サイト検索:キーワードを入力してください。

お気に入り

編集

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで
以下フッターです。

酒田市役所


〒998-8540
山形県酒田市本町二丁目2番45号
電話:0234-22-5111(代表)
開庁時間:平日午前8時30分から午後5時15分
(祝日、12月29日~1月3日を除く)
Copyright (C) City Sakata Yamagata Japan All Rights Reserved.
市へのご意見

フッターここまでこのページのトップに戻る