このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

サイトメニューここから
本文ここから

低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯以外の低所得の子育て世帯分)について(新型コロナウイルス感染症関連)

更新日:2022年12月9日

給付金の趣旨

新型コロナウイルス感染症の影響を受けて損害を受けた低所得の子育て世帯(ひとり親世帯を除く)をお見舞いする観点から、給付金を支給するものです。
本市では、国からの給付額5万円に独自の支援として5万円を上乗せし、対象児童1人あたり10万円を支給します。

対象児童

平成16年4月2日から令和5年2月28日までに出生した子
(障がいのあるお子さんについては、平成14年4月2日から令和5年2月28日までに出生した子)

給付対象者

1.令和4年4月分の児童手当(公務員以外)または令和4年4月分の特別児童扶養手当の支給を受けた方で、令和4年度分の市町村民税均等割が非課税の方
※未申告の方は、申告が必要です。

2.令和4年5月から令和5年3月までのいずれかの月の分の児童手当(公務員以外)または特別児童扶養手当の新規認定または額改定を受けた方で、令和4年度分の市町村民税均等割が非課税の方
※未申告の方は、申告が必要です。

3.対象児童の養育者で、令和4年度分の市町村民税均等割が非課税の方(保護者のうち所得が高い方が非課税の方)
(例)高校生のみ養育している方、公務員の方など
※未申告の方は、申告が必要です。
※公務員の方は、所属庁において児童手当受給状況の証明を受ける必要があります。

4.対象児童の養育者で、新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変し、市町村民税均等割非課税相当の収入(所得)となった方【家計急変者】

  • 保護者のうち収入(所得)が高い方が非課税相当の収入(所得)となった場合が対象です。
  • 令和4年1月以降任意の1カ月分の家計が対象となります。
  • 非課税相当となる収入額については、下表を参照してください。

【家計急変者】に該当する例

世帯の状況/父、母と子ども2人の世帯、父、母ともに給与所得者、母よりも収入が高い父が子ども2人を扶養(配偶者控除なし)
父の給与収入/月額144,666円以下(総支給額から非課税収入分を差し引いた額)

非課税相当となる収入額一覧表(扶養人数別)
扶養人数(注) 非課税相当収入額(月額) [参考]非課税相当収入額(年額)
1 116,666円以下 1,400,000円以下
2 144,666円以下 1,736,000円未満
3 180,000円以下 2,160,000円未満
4 214,333円以下 2,572,000円未満
5 249,000円以下 2,988,000円未満

(注)配偶者控除の対象となる配偶者を含む

給付額

対象児童1人あたり10万円

手続き

令和4年4月分の児童手当(特別児童扶養手当)の支給を受けた方(給付対象者区分1.)および令和4年5月から令和5年3月までのいずれかの月の分の児童手当(特別児童扶養手当)の新規認定(額改定)を受けた方(給付対象者区分2.)

申請は不要です

  • 給付対象となる方には、給付に関するお知らせを送付します。
  • 給付金は、児童手当(特別児童扶養手当)支給口座に振り込みます。口座の解約などで給付金の受け取りに支障がある場合は、「支給口座登録等の届出書」を提出してください。
  • 給付金の受け取りを辞退する方は、「受給拒否の届出書」を提出してください。

対象児童の養育者(給付対象者区分3.及び4.)

申請が必要です

  • 給付対象者に該当する場合は、下記の必要書類を子育て支援課または各総合支所健康福祉係へ提出してください。

共通

  • 申請書(請求書)
  • 申請・請求者本人確認書類の写し(コピー)
  • 受取口座を確認できる書類の写し(コピー)
  • 申請・請求者の世帯の状況、児童との関係性を確認できる書類の写し(コピー)

家計急変者(給付対象者区分4.)に該当する場合

  • 簡易な収入(所得)見込額の申立書

※給与明細書、帳簿、年金振込通知書等の収入額が分かる書類を添付してください。
※収入見込額では要件を満たさない場合でも、所得見込額により要件を満たす場合があります。その場合は、収入額が分かる書類に加えて経費の金額が分かる書類を添付してください。

申請期限

令和5年2月28日(火曜)

支給時期

令和4年4月分の児童手当(特別児童扶養手当)の支給を受けた方(給付対象者区分1.)

令和4年8月10日(水曜)

令和4年5月から令和5年3月のいずれかの月の分の児童手当(特別児童扶養手当)の新規認定(額改定)を受けた方(給付対象者区分2.)

新規認定(額改定)後、順次支給します

対象児童の養育者(給付対象者区分3.及び4.)

申請書類の審査完了後、順次支給します

申請書類(様式)

申請書類は、子育て支援課、各総合支所健康福祉係窓口にもあります。

その他

低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯分)の支給対象となった児童については、本給付金は支給されません。

“振り込め詐欺”等にご注意ください

ご自宅などに酒田市から問い合わせを行うことがありますが、ATM(現金自動預払機)の操作をお願いすることや、支給のための手数料などの振り込みを求めることは絶対にありません。もし、不審な電話がかかってきた場合にはすぐに最寄りの警察にご連絡ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

健康福祉部 子育て支援課 子育て支援係
〒998-8540 酒田市本町二丁目2-45
電話:0234-26-5734 ファックス:0234-23-2258

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


サブナビゲーションここから

子育て

お気に入り

編集

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで
以下フッターです。

酒田市役所


〒998-8540
山形県酒田市本町二丁目2番45号
電話:0234-22-5111(代表)
開庁時間:平日午前8時30分から午後5時15分
(祝日、12月29日~1月3日を除く)
Copyright (C) City Sakata Yamagata Japan All Rights Reserved.
市へのご意見

フッターここまでこのページのトップに戻る