このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

酒田市地域おこし協力隊のご紹介

更新日:2021年6月8日

酒田市で活躍する地域おこし協力隊をご紹介します

酒田市では、令和3年5月現在、4名の地域おこし協力隊が活動しています。それぞれの地区で活躍する隊員たちの素顔をご覧ください。

八幡地域

中島 友彦さん(日向地区、2019年から)

出身:熊本県

着任前の居住地:東京都

酒田市との関わり

東京でデザインや映像の仕事をしている中で、自分たちの技術を活かして社会を良くしたいという想いがあり、児童養護施設の支援、障がいのある方のアートの支援、自然環境の保全などを始めました。山形県には日本の在来野菜の普及継承のプロジェクトを立ち上げ、山形大学農学部の江頭先生を訪ねたのがきっかけです。
 
地域おこし協力隊としてみた酒田市の自慢

酒田市は海、山、平野、街など様々な地域から成り、それぞれの地域によって様々な地域性があります。そんな所だからこそ多様な生き方を選択する余白があり、互いを尊重できる豊かな心を育てる土壌があると思います。

中島隊員の地区自慢

地域おこし協力隊の活動をつづっています。ぜひご覧ください。

松山地域

宮脇 歩さん(南部地区、2021年から)

出身:大阪府大阪市
 
着任前の居住地:大阪府大阪市
 
酒田市との関わり
 
休みなく仕事をしていたので長めに休暇をとり友人に会いに行くという目的で庄内に遊びに来ていました。何度か来ているうちに山や平野の美しい景色、環境に癒されいつしかリトリートの場所になっていました。酒田市の協力隊募集がある事を知り移住を決断、酒田市は港町(湊町)、歴史が関西とも縁があるため性に合っているような気がします。
 
地域おこし協力隊としてみた酒田市の自慢

日本海、山々に囲まれた庄内平野の景色、米や日本酒の旨さ、ラーメン屋が多くアゴ出汁を使ったあっさり旨味のあるスープが美味しい、夏の岩ガキ 果物が豊富

宮脇隊員の地区自慢

地域おこし協力隊の活動をつづっています。ぜひご覧ください。

平田地域

内藤 小容子さん(東陽地区、2020年から)

出身:神奈川県藤沢市
 
着任前の居住地:神奈川県藤沢市
 
酒田市との関わり

前職(自然環境関係)時代に全国を異動する中で、以前にも酒田市内に短期間住んだことがあります。当時から、地元の方々には当たり前になっているものの、よそ者から見ればとっても魅力的な自然とそれに根差した文化があると感じていました。これらを活かして地域を元気にするため、再びこの地で挑戦中です!

地域おこし協力隊としてみた酒田市の自慢

山・森・里・川・海・島という景観がすべてそろっているのはすごいこと!それぞれに季節に応じた自然の恵みがあります。さまざまな地の物、旬の物に囲まれて暮らすのは、とても豊かで贅沢なことだと思います。

内藤隊員の地区自慢

地域おこし協力隊の活動をつづっています。ぜひご覧ください。

飛島地域

半澤 凪さん(飛島地区、2021年から) NEW!

出身:宮城県柴田町
 
着任前の居住地:宮城県柴田町
 
酒田市との関わり

大学内の友人と海鮮丼を求めて酒田へバイクでツーリングした時がありました。いざ来てみると海だけでなく山、川、木々、畑、豊かな自然に触れることができ、こんな大自然の元で暮らせたら豊かな心を育むことができるだろうと思い地域おこし協力隊として、この自然を直で感じられる飛島へ応募しました。

地域おこし協力隊としてみた酒田市の自慢

大袈裟かもしれませんが、酒田はそれぞれの地域で同じ酒田市内なのにちょっと方言が変わったり、地域性が違ったりします。海の人間、山の人間、農村の人間、街の人間、様々な生き方が酒田にはあります。こんな豊富な地域性がある酒田なら、豊かな心、考え方が育っていくのだと思います。

半澤隊員の地区自慢

お問い合わせ

市民部 まちづくり推進課 地域づくり係
〒998-8540 酒田市本町二丁目2-45
電話:0234-26-5725 ファックス:0234-26-4911

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

酒田市役所


〒998-8540
山形県酒田市本町二丁目2番45号
電話:0234-22-5111(代表)
Copyright (C) City Sakata Yamagata Japan All Rights Reserved.
市へのご意見

フッターここまでこのページのトップに戻る