このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

酒田市観光誘客支援補助金について

更新日:2020年8月21日

観光誘客に取り組む企業、団体に対し、事業実施に必要な経費の一部を補助します。

補助金の交付対象者

下表にある補助対象事業を行う企業、団体等。ただしインバウンド受入態勢整備及び観光情報発信については、本市に本社又は事業所を置く企業、団体等とする。

補助対象事業、経費、補助金の額
対象事業 対象経費 補助率 上限額
ファムツアー ツアー対象者に係る旅費、宿泊費、食糧費、施設入館料 2分の1 20万円(1名につき2万円)
モニターツアー

ツアー対象者に係る旅費、宿泊費、食糧費、施設入館料

2分の1

20万円(1名につき2万円)
インバウンド受入態勢整備 外国語版案内看板製作、洋式トイレへの改修等

2分の1

20万円
観光情報発信 外国語版チラシ印刷費、ホームページ製作費、翻訳手数料

2分の1

20万円

条件

  1. 申請は、対象事業ごとに、同一事業年度において1事業者につき1回とします。
  2. ファムツアーとは、旅行業者、メディア等が、観光誘客促進を目的とした商品開発及び情報発信等を目的として本市を現地視察するための旅行形態のことです。
  3. モニターツアーとは、旅行業者、メディア等が、旅費の一部を負担し、モニター(商品の品質等について参考意見及び批評を提出する者。以下同じ。)から旅行内容などについての調査報告を受けることを目的とした旅行形態のことです。
  4. 本市へのファムツアー及びモニターツアーについては、行程に宿泊がある場合は本市内の宿泊施設への宿泊を、行程に宿泊がない場合は、本市内の2か所以上の有料観光施設の利用を条件とします。
  5. ファムツアー及びモニターツアーについては、本市への誘客促進に寄与するもの(旅行業者にあっては本市を巡る旅行商品を造成すること、メディアにあっては本市の特集記事掲載を計画すること)を条件とします。
  6. モニターツアーについては、事業の完了後30日以内にモニターの調査結果を報告することを条件とします。

申請手続

※必ず事業に着手する前に申請してください。

申込書類等

  • 補助金交付申請書(様式第1号)
  • 事業計画書(任意様式※参考様式あり)
  • 収支予算書(任意様式※参考様式あり)
  • 定款又は会則の写し

関係書類様式

受付窓口、問い合わせ

交流観光課
電話:0234-26-5759
メール:kankou@city.sakata.lg.jp

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

地域創生部 交流観光課 観光戦略係
〒998-8540 酒田市本町二丁目2-45
電話:0234-26-5759 ファックス:0234-22-3910

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


サブナビゲーションここから
サイトメニューここから

キーワードでさがす

サイト検索:キーワードを入力してください。

支援制度(機関)

お気に入り

編集

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで
以下フッターです。

酒田市役所


〒998-8540
山形県酒田市本町二丁目2番45号
電話:0234-22-5111(代表)
Copyright (C) City Sakata Yamagata Japan All Rights Reserved.
市へのご意見

フッターここまでこのページのトップに戻る