このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

酒田まめほの香

更新日:2019年1月25日

「酒田まめほの香」は、酒田市大宮町にある庄内バイオ研修センターで平成19年から研究を重ね、平成24年に品種開発し、平成29年に品種登録したもち米の品種です。
付加価値の高いもち米を作るために『香り』に着目し、酒田でもなじみの深い枝豆の香りが特徴的な新潟の『紅香』とコシの強さときめ細やかな舌触りが特徴の酒田のもち米『酒田女鶴』を交配することで、両方の特徴を楽しむことができるもち米が完成しました。
枝豆の香りがするもち米であるため、作ったモチを焼いたり煮たりして食べるだけではなく、香りを活かした加工品にも適している品種です。
また、「酒田まめほの香」の稲は酒田女鶴と比べ、背丈が低く、風の強い庄内平野においても倒れにくいことから、10アール当たりの収量が平均35キログラム増加したというデータがあります。
「酒田まめほの香」の名称は平成26年に公募で決定しました。
命名者によると、食べたときに枝豆の香りがほのかに香ることから『まめほのか』としたそうです。

お問い合わせ

農林水産部 農政課 複合経営振興係
〒998-8540 酒田市本町二丁目2-45
電話:0234-26-5752 ファックス:0234-26-6483

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

酒田市役所


〒998-8540
山形県酒田市本町二丁目2番45号
電話:0234-22-5111(代表)
Copyright (C) City Sakata Yamagata Japan All Rights Reserved.
市へのご意見

フッターここまでこのページのトップに戻る