このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

地域Iot実装推進事業の実施について

更新日:2018年12月25日

酒田市では、総務省の平成30年度情報通信技術利活用事業費補助金を活用して、地域IoT実装推進事業(観光クラウドを活用した外国人旅行者向け情報支援体制整備)を行います。

観光クラウドを活用した外国人旅行者向け情報支援体制整備事業

1 観光クラウドを活用した外国人旅行者向け情報支援体制の整備

クルーズ船就航やインバウンドツアーの増加に伴う外国人旅行者の急増に対応するため、各地の観光情報を集積し、各団体観光サイトでの広域周遊ルート案内をweb上で行う体制を整備します。また、様々な回遊地点で紙面等からスマートフォンに誘導できる情報アクセス起点の拡大を図ります。さらに、各サイトからのアクセスログを収集することにより旅行者のニーズや趣向、回遊状況等を把握し、観光情報コンテンツの継続的な改善による旅行者の回遊促進につなげます。

観光クラウドを活用した外国人旅行者向け情報支援

サービス提供開始予定

平成31年2月

実施者

酒田市

受託者

富士通株式会山形支店

2 Wi-Fiシグナルを収集し、市内における観光客の動向を分析

Wi-Fiから出るシグナルを収集し、市内における観光客の動向を分析することにより、観光コンテンツの改善、モデルルート等への反映などにつなげます。

Wi-Fiシグナル収集による観光客動向調査分析

実施内容及び事業目的

スマートフォン端末が発信するWi-Fiシグナルを活用して、訪日外国人を含む観光客の動向把握を行い、本市における効果的な観光情報の発信などに役立てます。

・Wi-Fiパケットセンサーにて、Wi-Fi回線を通じてお客様の情報端末の識別情報(匿名化したMACアドレス)及びご利用のアクセスポイントに関する情報(SSID)を取得しています。
・匿名化された情報及び取得するSSIDから、個人を特定することはできません。
・本地点の半径約50メートルのエリアでは上記調査を実施しておりますので、スマートフォン等をご使用で計測を望まれない方は機器のWi-Fi設定をオフにしてください。

実施者

酒田市

受託者

株式会社ウォークインサイト

スケジュール

データ収集・分析期間:平成30年12月21日から平成31年2月28日

Wi-Fiシグナル収集分析機器設置場所

・酒田市内の主な観光施設
・酒田駅
・庄内空港

※Wi-Fiシグナル収集分析機器設置場所には、本事業を説明するステッカーを掲出します。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

地域創生部 交流観光課 交流事業係
〒998-8540 酒田市本町二丁目2-45
電話:0234-26-5809 ファックス:0234-22-3910

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


サブナビゲーションここから
サイトメニューここから

キーワードでさがす

サイト検索:キーワードを入力してください。

お気に入り

編集

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで
以下フッターです。

酒田市役所


〒998-8540
山形県酒田市本町二丁目2番45号
電話:0234-22-5111(代表)
Copyright (C) City Sakata Yamagata Japan All Rights Reserved.
市へのご意見

フッターここまでこのページのトップに戻る