このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

サイトメニューここから
本文ここから

(ご回答ありがとうございました)令和5年住宅・土地統計調査

更新日:2023年10月27日

ご回答ありがとうございました
↑↑ クリック!! 令和5年住宅・土地統計調査キャンペーンサイト(外部サイト)

総務省統計局では、令和5年10月1日を基準日として、住宅・土地統計調査を実施します。
この調査は、「基幹統計調査」として5年毎に行われており、国内の住宅数や空き家の数・住居の状況などを把握することで、空き家対策や都市の防災、高齢者の住まい方の改善などへの活用を目指すものです。
より良い暮らしの実現のため、皆様のご理解・ご回答をお願いします。

調査の目的

住生活に関する様々な施策のための基礎資料を得ることを目的としています。
調査結果は、国や地方公共団体の住宅関連施策等のほか、学術研究等へも利用されています。
・耐震や防災を主軸にした住宅や都市計画づくり
・空き家の今後の動向や住環境との相関関係に関する研究等

調査の期日

令和5年10月1日を調査期日として実施します。

関係法令

住宅・土地統計調査は、統計法(平成19年法律第53号)に基づいて実施されるもので、法律により回答が義務付けられています。

調査の地域・対象

調査は、令和2年国勢調査の調査区のうち、総務大臣が指定する約20万の調査区の中から、統計理論に基づく方法により無作為に選ばれた、約340万の住戸を対象に行われます。
酒田市では、178調査区、約3,000住戸が調査の対象となります。

調査の方法

9月上旬、調査地域へ調査員が伺い、すべての建物の外観調査と調査のお知らせの配布を行います。
その後、対象世帯の無作為抽出を行い、9月下旬に調査員が調査票をお配りします。
調査は、インターネットで回答する方法、郵送提出する方法、調査員に提出する方法の三つの方法で回答することができます。

調査結果の公表

令和6年4月以降、順次、総務省統計局ホームページに掲載されます。

統計調査員など

調査員・指導員は、山形県知事が任命した非常勤特別職の公務員で、調査の過程で知った個人情報等に対して守秘義務を負っています。
調査員・指導員は、山形県知事の発行する調査員証・指導員証を携行しています。

調査についてのお問い合わせ

酒田市企画部情報企画課統計係:電話:0234-26-5705
八幡総合支所(統計担当):電話:0234-64-3115
松山総合支所(統計担当):電話:0234-62-2611
平田総合支所(統計担当):電話:0234-52-3910

詳しくはこちら

お問い合わせ

企画部 情報企画課 統計係
〒998-8540 酒田市本町二丁目2-45
電話:0234-26-5705 ファックス:0234-26-5791

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

酒田市役所


〒998-8540
山形県酒田市本町二丁目2番45号
電話:0234-22-5111(代表)
開庁時間:平日午前8時30分から午後5時15分
(祝日、12月29日~1月3日を除く)
Copyright (C) City Sakata Yamagata Japan All Rights Reserved.
市へのご意見

フッターここまでこのページのトップに戻る