このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

郵便等による投票

更新日:2016年10月1日

選挙の際、投票所に行くことが困難な重度の障がいがある選挙人については、郵便等による不在者投票ができます。

対象となる方

身体障がい者手帳をお持ちの方で、次に該当する方

  • 身体障がい者手帳1級、2級(両下肢、体幹、移動機能障がい)
  • 身体障がい者手帳1級、3級(心臓、じん臓、呼吸器、ぼうこう、直腸、小腸の障がい)
  • 身体障がい者手帳1級から3級(免疫、肝臓機能障がい)

※障がいの程度が上記の障がいに該当する旨を、山形県知事が書面により証明した方も対象になります。

戦傷病者手帳をお持ちの方で、次に該当する方

  • 恩給法の特別項症から第2項症(両下肢、体幹機能障がい)
  • 恩給法の特別項症から第3項症(心臓、じん臓、呼吸器、ぼうこう、直腸、小腸肝臓機能障がい)

※障がいの程度が上記の障がいに該当する旨を、山形県知事が書面により証明した方も対象になります。

介護保険被保険者の方で、
次に該当する方

被保険者証に要介護状態区分が要介護5と記載されている方

郵便等による投票を行うためには、事前に選挙管理委員会委員長から「郵便等投票証明書」の交付を受けていることが必要です。
選挙に際しては、投票日の4日前までに、選挙管理委員会委員長に、投票用紙等を請求しなければなりません。この際に、事前に交付されている「郵便等投票証明書」の提示が必要です。
(請求は公示(告示)の日以前でもできますが、交付及び投票は、公示(告示)の日の翌日以後となります)。

代理記載制度

上記の郵便等による不在者投票の対象者の方が、自ら投票の記載をすることができない場合は、代理記載人に投票等の記載をしてもらうことができます。

代理記載制度の対象者

郵便等による不在者投票の対象者の方で、かつ次に該当する方

  • 身体障がい者手帳1級(上肢又は視覚の障がい)
  • 恩給法の特別項症から第2項症(上肢又は視覚)
※障がいの程度が上記の障がいに該当する旨を、山形県知事が書面により証明した方も対象になります。

代理記載制度による投票を行うためには、選挙人名簿登録地の選挙管理委員会にあらかじめ申請が必要となります。

お問い合わせ

選挙管理委員会事務局 選挙係
〒998-8540 酒田市本町二丁目2-45
電話:0234-26-5765 ファックス:0234-26-5737

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

酒田市役所


〒998-8540
山形県酒田市本町二丁目2番45号
電話:0234-22-5111(代表)
Copyright (C) City Sakata Yamagata Japan All Rights Reserved.
市へのご意見

フッターここまでこのページのトップに戻る