このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

自宅の樹木にアメシロが発生したときはどうすればいいですか?

更新日:2022年8月1日

回答

アメリカシロヒトリ(害虫)の駆除について

アメリカシロヒトリとは

  • 毎年、アメリカシロヒトリが発生しています。
  • アメリカシロヒトリは外来種のガで、毛虫はその幼虫です。
  • 年2回発生(6月~7月が第1世代、8月~9月が第2世代)し、天敵の少ない市街地で多く発生しています。
  • 毒はなく、触れたりしても人体に影響はありませんが、雑食性で多種の落葉広葉樹木の葉を食害します。
  • ふ化後、葉に糸を出して巣網を作り、群生して葉を食害します。大きくなると、巣網から出て分散し広範囲で葉を食害します。
  • アメリカシロヒトリが付きやすい樹(広葉樹)

   サクラ・ウメ・カキ・カエデ・プラタナス・ハナミズキなど

アメリカシロヒトリ駆除(防除)方法について

  • 巣網をみつけたら、剪定ばさみなどで巣網全体を枝ごと切り落としましょう。
  • 高くて手が届かない場合は、高枝切ばさみを用いましょう。
  • 切り落とした巣網(幼虫)は、踏みつぶすなどした上で、燃やすごみ袋に入れて口をきっちり閉め(万が一幼虫が生きていたとしてもはい出てこないよう)、燃やすごみとして出してください。
  • ご自身で切り落とすことができない場合は、薬剤散布による駆除を行ってください。(薬剤を散布する際は、くれぐれも、人的、物的被害が出ないようご注意ください。)
  • ご自身でできない場合は、害虫駆除業者(シルバー人材センター含む)又は、アメシロ現地本部(害虫相談室)へご相談ください。(駆除方法等についてご相談いただけます。)

市の支援策

  • アメシロ現地本部(害虫相談室)を開設します。アメリカシロヒトリの駆除等に関する質問を受付する窓口ですので、お問い合わせください。
  • アメシロ現地本部(害虫相談室)では、個人や自治会等団体で薬剤散布を行う場合、薬剤付きで散布機(手動背負式・中型一体式・大型散布機)の(無料)貸し出しを行っております。

(機材の貸出については、台数に限りがありご希望の日に貸し出せない場合があります。あらかじめご了承ください。)

アメシロ現地本部(害虫駆除相談室)

酒田市シルバー人材センター2階(酒田市相生町二丁目3-80)
TEL:0234-24-3295 FAX:0234-24-3296(5月24日(火曜)から9月末日の平日の9:00~17:00)

アメシロの写真

お問い合わせ

農林水産部 農林水産課 林業振興係
〒998-8540 酒田市本町二丁目2-45
電話:0234-43-8708 ファックス:0234-26-6483

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

酒田市役所


〒998-8540
山形県酒田市本町二丁目2番45号
電話:0234-22-5111(代表)
開庁時間:平日午前8時30分から午後5時15分
(祝日、12月29日~1月3日を除く)
Copyright (C) City Sakata Yamagata Japan All Rights Reserved.
市へのご意見

フッターここまでこのページのトップに戻る