このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

平成23年4月 第一中学校が開校しました

更新日:2016年10月1日

4月3日(日曜)新「第一中学校」(佐藤邦生校長 生徒数538人)の開校式が行われました。
開式に先立ち、新しい校章と校歌が披露されました。
校章は、旧第一中学校の卒業生で、高等学校の美術教諭として長年勤められた齋藤豊さん(千日町在住)がデザインしました。両校・地域の象徴である松をモチーフとして、らせん状に種子が重なる松かさを下から見た造形と松葉を組み合わせたデザインとし、無限に広がる夢と希望に溢れる第一中学校になることを願って制作されました。
校歌は、宮崎駿監督映画作品の音楽や映画「おくりびと」のテーマ曲等を手がけた音楽家 久石譲さんが作曲、長女で歌手の麻衣さんが作詞しました。共に学ぶことになる生徒への思いや夢を持って力強く育ってほしいという願いが込められ、4分の3拍子の久石メロディで明るく伸びやかな曲となっています。
式典では、式辞、教育委員会あいさつに続き、初代校長となった佐藤邦生校長があいさつの中で、新しくなった学校教育目標「オンリーワン 学びの丘の大家族 独り立ちしよう 共に生きていこう」などについて話され、「校章には自立の、校歌には共生の姿が込められている。生徒皆が家族として心を一つに学び合っていこう。」と呼びかけました。
今回の統合に際し多大な貢献をされた4名の方々(多額の寄付をされた池田久美さん、校章制作者齋藤豊さん、校歌作曲者久石譲さん、作詞者麻衣さん)に、酒田市から感謝状を贈らせていただくことになり、式典に出席された池田さんと齋藤さんには、市長から式典の中で感謝状が手渡されました。このあと、齋藤さんからは、校章制作に込めた思いをお話していただきました。
久石譲さん麻衣さんのメッセージも紹介され、それらの期待に答えて、生徒代表3年生の齊藤真穂さんと菊池宏太郎さんが「両校の伝統を一人一人が引継ぎ、統合して出会えた新しい仲間とともに、夢と希望を持って新生一中をつくっていきたい。」と喜びのことばを述べました。
最後に、生徒たちのリードで会場の全員が新しい校歌を斉唱し、新生第一中学校の誕生を祝福しました。
開校の日を迎えることができましたことは、それぞれの地域の皆様、そして開校の準備を進めてくださった統合準備委員会の皆様、通学バス検討会の皆様の深いご理解とご英断なくしては果たし得なかったことと深く感謝いたします。
今後とも引き続き、生徒たちそして新しい第一中学校の成長を温かく見守ってくださいますようお願い申し上げます。

開校式の様子

校歌

酒田市立第一中学校校歌
作曲 久石 譲
作詞 麻衣
いつも変わらぬあのクロマツの木は
君と出会えた 絆(きずな)の証(あかし)
つまずく僕に 手を差し伸べる
認め合うまなざし 永久(とわ)にわかちあえる
夢を語る輝きを忘れず
無限の力で道を照らそう
愛し愛され 僕らここにいる
信じ合うまなざし 永久(とわ)にわかちあえる
明日(あした)に夢はなつ 酒田第一中学校

平成23年3月 第一中学校・第五中学校の閉校式は下記よりご覧ください。

お問い合わせ

教育委員会 企画管理課 学区改編推進室
〒998-8540 酒田市本町二丁目2-45
電話:0234-26-5627 ファックス:0234-23-2257

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

酒田市役所


〒998-8540
山形県酒田市本町二丁目2番45号
電話:0234-22-5111(代表)
Copyright (C) City Sakata Yamagata Japan All Rights Reserved.
市へのご意見

フッターここまでこのページのトップに戻る