このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

サイトメニューここから
本文ここから

新生児聴覚検査費用助成事業について

更新日:2023年10月4日

新生児聴覚検査費用の助成について

酒田市では、新生児聴覚検査費用の一部を助成します。

新生児聴覚検査とは

新生児聴覚検査は、耳の聞こえを調べるものです。
生まれつき耳の聞こえにくさがある赤ちゃんは、1000人に1~2人と言われています。赤ちゃんに聞こえにくさがないか早期に発見し、適切な支援を受けることで、赤ちゃんの言葉やコミュニケーションの発達を促すことができます。お子さんが生まれたら必ず検査を受けましょう。

助成の対象者

  • 本市に住民登録がある母が出産し、令和5年4月1日以降に出生された生後1か月未満のお子さん

新生児聴覚検査受検票の交付

  1. 令和5年3月31日以前に妊娠届出をされた方には受検票を順次送付します。
  2. 令和5年4月3日以降は妊娠届出時に交付します。

対象となる検査と助成額

  • 自動ABR検査(自動聴性脳幹反応検査)またはOAE検査(耳音響放射検査)
  • 上記検査のいずれか1回(初回検査のみ)、助成金額は3,500円が上限です。
  • 上限額を超えた場合は自己負担が生じます。
  • 保険診療に該当する場合は、助成対象外となります。

検査・助成の受け方

※出産する医療機関で入院中に検査を受けます。
1.日本海総合病院、いちごレディースクリニック
産婦人科小児科三井病院、鶴岡協立病院、鶴岡市立荘内病院で受ける場合は、必要事項を記入した「新生児聴覚検査受検票」を医療機関に提出してください。検査費用が助成上限額を超えた場合は、医療機関にその差額をお支払いください。
2.上記以外の医療機関で検査を受ける場合
償還払い(払い戻し)となります。検査を受けたら、一旦全額自己負担していただき、以下の書類とともに健康課保健予防係へ申請してください。申請受理後、申請者(養育者)の口座に振り込みさせていただきます。申請期限は、検査を受けた日から6か月後の月末までとします。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

健康福祉部 健康課 保健予防係
〒998-0036 酒田市船場町二丁目1-30
電話:0234-24-5733 ファックス:0234-24-5778

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

酒田市役所


〒998-8540
山形県酒田市本町二丁目2番45号
電話:0234-22-5111(代表)
開庁時間:平日午前8時30分から午後5時15分
(祝日、12月29日~1月3日を除く)
Copyright (C) City Sakata Yamagata Japan All Rights Reserved.
市へのご意見

フッターここまでこのページのトップに戻る