このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

本間美術館

更新日:2016年10月1日

公益の精神を今に伝える芸術、自然、歴史の融合

本間家4代当主光道が、本間家別荘として文化10年(1813年)建築。
6千坪(約2万平方メートル)の敷地内は、鳥海山を借景に林泉の風致をそえた池を中心とした廻遊式の庭、鶴舞園をはさんで本館と新館(昭和43年竣工)があります。
本館は清遠閣と称され、2階建ての銅板と瓦ぶきの建物。
藩政時代は庄内藩主や幕府要人を接待、明治以後は皇族や政府高官、文人墨客を接待する酒田の迎賓館の役割を果たし、大正14年には昭和天皇のお宿にもなりました。
昭和22年、市民に開放され、全国に先がけて地方都市の私立美術館として開館しました。
所蔵品には、本間家が大名から拝領した品、歴史資料として価値の高い文書、当主が好んだ茶道の器物など、重要文化財や重要美術品が多数。
また、楽焼茶碗「本間焼」が製作販売されており、庭園をみながらこの茶碗で抹茶が賞味できます。

本間美術館
所在地 酒田市御成町7-7
開館時間 4月から10月 午前9時から午後5時(入館は午後4時30分まで)
11月から3月 午前9時から午後4時30分(入館は午後4時まで)
休館日
  • 展示替えの日
  • 12月から2月の火曜・水曜(祝日の場合はその翌日)
  • 大掃除、年末年始
料金

大人900円(810円)、学生400円(350円)、小学生・中学生無料
※カッコ内は20人以上の場合
追加券
酒田市美術館・土門拳記念館・本間美術館3館共通券1,610円(税込)
旧本間邸・本間美術館2館共通券1,400円(税込)
※「障害者手帳」をお持ちの方は半額となります。(本人のみ)

交通アクセス 酒田駅より徒歩5分
駐車場 60台
お問い合わせ先 電話:0234-24-4311
本間美術館公式ホームページ
URL:外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。http://www.homma-museum.or.jp/(外部サイト)
バリヤフリー状況 トイレ(新館)

鶴舞園

鶴舞園は本間美術館内にある庭園で、文化10年(1813年)建設。
築山や樹木、石、池の配置にすぐれ竹林や梅、ツツジなど風情豊かな純日本風庭園です。

お問い合わせ

商工観光部 観光振興課 観光交流係
〒998-8540 酒田市本町二丁目2-45
電話:0234-26-5759 ファックス:0234-22-3910

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


サブナビゲーションここから
サイトメニューここから

キーワードでさがす

サイト検索:キーワードを入力してください。

お気に入り

編集

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで
以下フッターです。

酒田市役所


〒998-8540
山形県酒田市本町二丁目2番45号
電話:0234-22-5111(代表)
Copyright (C) City Sakata Yamagata Japan All Rights Reserved.
市へのご意見

フッターここまでこのページのトップに戻る