このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

城輪柵跡(きのわさくあと)

更新日:2016年10月1日

国指定史跡「城輪柵跡」

施設の概要

城輪柵跡は、昭和6年に発見された一辺が約720メートル、52ヘクタールの広大な遺跡です。平安時代の初めから終わりまで約400年間にわたる出羽国の国府跡と言われています。
国から史跡として、昭和7年に指定、昭和56年に追加指定を受けました。現在、政庁南門、東門および築地塀の一部を復元し、歴史公園として親しまれています。

所在地

酒田市城輪地内(本楯地区)

開館時間、休館日

公園になっています。ご自由にご見学ください。

入館料

無料

交通アクセス

JR酒田駅から車で15分
日本海東北自動車道(平成24年3月24日名称変更)「酒田みなとI.C」から車で5分
JR酒田駅よりバス約20分(庄内交通バス「門屋(かどや)」下車)徒歩10分
庄内空港よりタクシー約20分

駐車場

あり(無料)

城輪柵跡までの交通アクセスの画像

お問い合わせ

教育委員会 社会教育文化課 文化財係
〒998-8540 酒田市本町二丁目2-45
電話:0234-24-2994 ファックス:0234-23-2257

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


サブナビゲーションここから
サイトメニューここから

キーワードでさがす

サイト検索:キーワードを入力してください。

お気に入り

編集

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで
以下フッターです。

酒田市役所


〒998-8540
山形県酒田市本町二丁目2番45号
電話:0234-22-5111(代表)
Copyright (C) City Sakata Yamagata Japan All Rights Reserved.
市へのご意見

フッターここまでこのページのトップに戻る