このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

生石板碑群(おいしいたひぐん)

更新日:2016年10月1日

東平田生石地区には、先祖の追善供養や自分の逆修(ぎゃくしゅ:生前に行われる供養)を目的に建立されました。年代の明らかな板碑のうち、最古のものは、天和三年(1314年)、最も新しいものは応安五年(1372年)で、うち34基が「生石板碑群」として県の有形文化財に指定されています。
種子(しゅじ)は阿弥陀系が大半を占め、次いで釈迦・大日が多い。建立は死者の追善供養や逆修によるものが多い。板碑(板石塔婆)が数多く残り、延命寺境内には6基が現存する。

生石板碑群
所在地 酒田市生石字大森山164
交通アクセス 酒田駅よりバス35分
お問い合わせ先 延命寺 電話:0234-94-2361

お問い合わせ

商工観光部 観光振興課 観光交流係
〒998-8540 酒田市本町二丁目2-45
電話:0234-26-5759 ファックス:0234-22-3910

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

酒田市役所


〒998-8540
山形県酒田市本町二丁目2番45号
電話:0234-22-5111(代表)
Copyright (C) City Sakata Yamagata Japan All Rights Reserved.
市へのご意見

フッターここまでこのページのトップに戻る