このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

泉流寺(せんりゅうじ)

更新日:2016年10月1日

奥州平泉の藤原氏が源頼朝に亡ぼされた後、藤原秀衡の夫人とも妹ともいわれた、徳の前を守って36人の武士が酒田に落ちのびてきました。
徳の前はやがて剃髪し、尼となり泉流庵をつくったのが泉流寺のはじまりといわれています。
36人の武士たちの子孫はやがて「三十六人衆」と称する自治組織を形成し、西の堺、東の酒田といわれたほど繁栄した湊町の発展に尽力しました。
堂内には、本間光丘が施主となり、明和元年(1764年)に京から海路とりよせた徳尼公の木像が祀られ、毎年4月15日の徳尼公の忌日(きにち)には、三十六人衆ゆかりの人々が集まり追善供養が営まれています。

泉流寺
所在地 酒田市中央西町1-30
交通アクセス 酒田駅よりバス4分文化センター前下車、徒歩2分
お問い合わせ先 泉流寺 電話:0234-22-2488

お問い合わせ

商工観光部 観光振興課 観光交流係
〒998-8540 酒田市本町二丁目2-45
電話:0234-26-5759 ファックス:0234-22-3910

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


サブナビゲーションここから
サイトメニューここから

キーワードでさがす

Loading

お気に入り

編集

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで
以下フッターです。

酒田市役所


〒998-8540
山形県酒田市本町二丁目2番45号
電話:0234-22-5111(代表)
Copyright (C) City Sakata Yamagata Japan All Rights Reserved.
市へのご意見

フッターここまでこのページのトップに戻る