このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

酒田市の社会資本総合整備計画

更新日:2021年2月5日

社会資本整備総合交付金について

社会資本整備総合交付金は、地方公共団体等が行う社会資本の整備その他の取り組みを支援することにより、交通の安全の確保とその円滑化、経済基盤の強化、生活環境の保全、都市環境の改善及び国土の保全と開発並びに住生活の確保及び向上を図ることを目的として、平成22年度に創設されました。
この交付金制度は、道路事業においてはこれまでの地方道路整備臨時交付金、下水道事業においてはこれまでの補助金制度に替わる制度になります。

社会資本総合整備計画

地方公共団体が社会資本整備総合交付金により事業を実施する場合には、社会資本総合整備計画を作成し、国土交通大臣に提出することになっています。また、作成した整備計画は公表することになっています。
整備計画は、実施する事業により分類され、以下の4分野に分けて作成することになっています。

  1. 活力創出基盤整備分野(道路事業、港湾事業)
  2. 水の安全・安心基盤整備分野(河川事業、砂防事業、地すべり事業、急傾斜地崩壊対策事業、下水道事業、その他総合的な治水事業、海岸事業)
  3. 市街地整備分野(都市再生整備計画事業、広域連携事業、都市公園等事業、市街地整備事業、宅地耐震化推進事業、都市水環境整備事業)
  4. 地域住宅支援分野(地域住宅計画に基づく事業、住環境整備事業)

酒田市が作成した社会資本総合整備計画

酒田市では、道路事業、下水道事業、都市再生整備計画事業及び宅地耐震化推進事業に関する整備計画を作成し、国土交通大臣に提出しましたので、以下のとおり公表します。なお、変更の際は随時更新します。

1.活力創出基盤整備分野(道路事業)

国土交通大臣への提出日、平成31年1月7日提出

問い合わせ先

建設部土木課事業係
電話:0234-26-5742 ファックス:0234-26-7364
E-Mail:doboku@city.sakata.lg.jp

2.水の安全・安心基盤整備分野 (下水道事業)

国土交通大臣への提出日、平成31年1月11日、令和2年1月9日提出

事後評価

社会資本整備総合交付金交付要綱第10第1項に基づき、事業が完了した社会資本総合計画(社会資本整備総合交付金及び防災・安全交付金)の事後評価を実施しましたので公表します。

問い合わせ先

上下水道部工務課事業第二係
電話:0234-22-1815 ファックス:0234-22-2701
Eメール:water-komu@city.sakata.lg.jp

3-1.市街地整備分野 (都市再生整備計画事業)

地区名 湊酒田中心市街地地区(第3期)

湊酒田中心市街地地区(第3期)については、以下のページをご覧ください。

地区名 湊酒田中心市街地地区(第2期)

計画期間 平成27年度から令和元年度(5か年)
計画区域 116.3ヘクタール

国土交通大臣への提出日、平成30年12月19日(第3回変更)

事後評価等

社会資本整備総合交付金交付要綱第10第1項に基づき、事業が完了した社会資本総合整備計画の事後評価(都市再生整備計画の事後評価)を実施しましたので公表します。

計画期間の2年目が終了するにあたり、事業の進捗状況や成果の発現状況を把握し、目標達成に向けた進め方を確認するための点検作業として、国土交通省が推奨するモニタリングを実施しましたので公表します。

地区名 湊酒田中心市街地地区

計画期間 平成22年度から平成26年度(5か年)
計画区域 111.4ヘクタール

国土交通大臣への提出日、平成26年12月22日提出(第6回変更)

事後評価等

問い合わせ先

企画部都市デザイン課都市デザイン係
電話:0234-26-6274 ファックス:0234-26-6482
E-Mail:toshi-design@city.sakata.lg.jp

3-2.市街地整備分野 (住環境整備事業)

国土交通大臣への提出日、平成31年4月1日提出

国土交通大臣への提出日、平成28年3月22日提出

事後評価等

問い合わせ先

企画部都市デザイン課都市デザイン係
電話:0234-26-6274 ファックス:0234-26-6482
E-Mail:toshi-design@city.sakata.lg.jp

3-3.市街地整備分野(宅地耐震化推進事業)

国土交通大臣への提出日、令和2年1月30日

問い合わせ先

企画部都市デザイン課都市計画係
電話:0234-26-5746 ファックス:0234-26-6482
E-Mail:toshi-design@city.sakata.lg.jp

4.地域住宅支援分野

今後、必要に応じて作成します。

酒田市橋梁長寿命化修繕計画について

酒田市ではこれまで傷んだ橋について、その都度補修を実施してきましたが、このような管理を続けた場合、近い将来、維持管理コストが膨大となり、道路利用者への安心安全の提供が難しくなります。
この対策として、酒田市では国の制度(※)を利用し、平成23年度に「酒田市橋梁長寿命化修繕計画」を策定し、計画的・効率的に架替・補修を行い、安全の確保に努めます。
「長寿命化修繕計画策定事業費補助制度要綱」第3の3に基づき、「酒田市橋梁長寿命化修繕計画」を公表いたします。

※長寿命化修繕計画策定事業費補助制度
国土交通省では、「今後高齢化する地方公共団体が管理する道路橋の急速な増大に対応するため、従来の対症療法的な修繕及び架替えから予防的な修繕及び長寿命化修繕計画に基づく架替えへと円滑な政策転換を図り、もって橋梁の長寿命化及び橋梁の修繕・架替えに係わる費用の縮減を図る」ことを支援するために、平成19年度より『長寿命化修繕計画策定事業費補助制度』を施行しました。

問い合わせ先:建設部土木課維持係
電話:0234-26-5742
ファックス:0234-26-7364
E-Mail:doboku@city.sakata.lg.jp

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

建設部 土木課 事業係
〒998-8540 酒田市本町二丁目2-45
電話:0234-26-5742 ファックス:0234-26-7364

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

酒田市役所


〒998-8540
山形県酒田市本町二丁目2番45号
電話:0234-22-5111(代表)
Copyright (C) City Sakata Yamagata Japan All Rights Reserved.
市へのご意見

フッターここまでこのページのトップに戻る