このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

2021酒田市国際交流協会(SIRA)の活動報告

更新日:2022年3月23日

2021酒田市国際交流協会の活動報告

  • 酒田の紹介 in English 観光PR動画コンテスト(募集期間:9月~11月、上映会・表彰式:11月)
  • インターナショナル・旅・リレー(開催期間:12月~1月、月1回)
  • 北庄内地域通訳案内士スキルアップ研修(3月19日・20日開催)

「北庄内地域通訳案内士スキルアップ研修」を開催しました

 3月19日(土)、20日(日)の二日間にわたり、「外国人観光客の心に響く観光案内」を共通テーマに「北庄内地域通訳案内士スキルアップ研修」をオンラインにて開催しました。また、両日英語で行われました。
 1日目は全国通訳案内士の鈴木卓さんが講師となり、 「"True Hospitality: History with a Human Touch"(外国人観光客の心に響く観光案内) 」をテーマに、詳しい例を用いた外国人観光客向けの観光案内や通訳のコツを学びました。また、聞き手の文化や歴史に触れながら説明をすることで相手の理解度を上げ、興味を引き出し、心に響く伝え方も学びました。
 2日目は東北公益文科大学特任助教のバンティング・ティモシーさんが講師となり、「"How to effectively share Japan with the world: Evoking emotion edition"(外国人観光客に伝わる!感動を与える伝え方~実践編~)」をテーマに、通訳に必要なコミュニケーション法を学びました。通訳は“人とコミュニケーションする仕事”。通訳される側の方の話を上手に引き出す質問ができるよう、グループワークを通して考えます。また、各グループで話し合った内容を英語で発表し、参加者全員で共有しました。

「インターナショナル・旅・リレー」を開催しました

一昨年度開催の「インターナショナル・おしゃべり・カフェ」、昨年度の「インターナショナル・おはなし・リレー」に引き続き、今年度は「インターナショナル・旅・リレー」を開催。12月から3月まで月1回、オンラインにて、ゲストプレゼンターの国や地元のオススメしたいコト・モノや体験、場所、現地でしか味わえない料理などを、スライドや動画を使い地元目線で紹介します。また、市内のスーパーなどで手に入る食材を使った、簡単たのしいレシピも紹介する予定です。

3月19日、第4回目「アメリカ合衆国:ニューヨーク市」

鶴岡出身のゲストスピーカーのMisacoさんが、現在お住まいのアメリカ合衆国ニューヨーク市を紹介してくださいました。
Misacoさんは、ニューヨークで、日本語や英語を学びたい人がお互いに学び合い交流を深めるグループ「J-KURU」のイベントオーガナイザーを務めており、J-KURUメンバーの方々と一緒にニューヨークのオススメスポットをご紹介くださいました。
ニューヨークと日本の時差が13時間あり、日本ではいつもより2時間早く、また、ニューヨークでは夕方の開催となりました。J-KURUメンバーのカラさん、ウィリアムさん、ジョナさん、そしてミサコさんが事前にニューヨークの紹介動画を作ってくださり、旅リレーにも参加してくださいました。動画鑑賞後には動画についての補足情報などを教えていただき、ニューヨークの魅力をたっぷり知ることができました。28名の方がご参加くださり、ニューヨークの美味しいもの、オススメの場所、フォトジェニックな景色を楽しみました!

2月26日、第3回目「ニュージーランド」

 鶴岡市出身のゲストスピーカーの富樫史生さんが、現在お住まいのニュージーランド・オークランド市を紹介してくださいました。
 富樫さんは、日本語や英語を学びたい人がお互いに学び合い交流を深めるグループ「ENKAI(縁会)」を運営しています。今回の「インターナショナル・旅・リレー」では、富樫さんはじめ、ENKAIメンバーのヒメカさん、ローガンさん、サオリさん、インさん、オリビアさんが、それぞれ作成した動画を中心に、オークランドの見所を紹介いただきました。当初予定していた富樫さんの「オークランドまち歩き」は、残念ながらニュージーランドでの新型コロナウイルスの感染拡大でライブ中継が叶わなかったものの、富樫さん本人も動画を作ってくださり、様々な角度から切り取ったオークランド紹介の動画はすべて興味深く、一度で沢山の場所へ訪れたような気分になりました。
 動画紹介後は、動画についての追加情報や、動画で紹介されなかった場所・アクティビティ、ニュージーランド旅行のヒントなど盛りだくさんの内容となりました。29名の方がご参加くださり、和気あいあいとした雰囲気で終始笑顔が絶えない楽しい回でした。

1月29日、第2回目「フランス:南フランス」

 ゲストスピーカーのピエールさんと奥様の杏子さんが、ピエールさんのふるさと「南フランス」を紹介してくださいました。
 ピエールさんは、マントン生まれ、ニース育ち。そのマントンやニース、また、クリスマスの過ごし方やピエールさんのお母さまが毎年出店する、モナコでのクリスマスマーケットの様子を紹介してくださいました。南フランスの美しい写真や興味深いビデオ、お二人の楽しいお話に、南フランスへ旅したような気持ちになりました!そしてフランスといえばパン。ピエールさんいわく、フランスには「フランスパン」はありません。私たちがフランスパンと呼んでいるものはバゲットのことで、数ある種類のパンの総称が「フランスパン」。材料はほとんど同じですが、小麦粉の量や形で、バゲット、バタール、ブールなどといった名称に変わるそうです。
 また、フランスはサンドイッチ文化、ということで、後半はバゲットを使った超かんたんレシピを紹介、子どもが大好きな学校帰りに自分で作れるおやつパンと、「パリジャン」という名前が付いたサンドイッチを作ってくださいました。27名の方がご参加くださり、お二人のプレゼンテーションを聞きながらとても楽しく過ごしました!

12月11日、第1回目「アメリカ合衆国:Christmas Experience」

 2019年度開催の「インターナショナル・おしゃべり・カフェ」で、州や都市、宗教や祖先の出身国によってお祝いする休日やお祝いの仕方に違いがあるとお話しくださったキャサリンさん。今回の「インターナショナル・旅・リレー」では、ご家族がポーランドとアイルランド出身とのことで、それぞれのクリスマスの違いにふれながら、アメリカの代表的な過ごし方について動画やスライドを用い、やさしい英語でお話しくださいました。
 クリスマスの食事、クリスマススナック、教会でのミッドナイトミサ。クリスマスは日本でいうお正月のような意味を持ち、家族で過ごす大事なイベントです。また、クリスマスといえばイルミネーション、というほど、観光地はもちろんライトアップに力を入れている個人宅も多く、ライトアップをしている住宅地を巡るツアーやイルミネーションコンテストまであるそうです。
 プレゼンテーション後半は、動画とライブクッキングで簡単たのしいレシピを紹介!動画では「Reindeer Noses(トナカイの鼻)」、ライブクッキングではかわいいトマトサンタとキュウリのクリスマスツリーを作ってくださいました! 13名の方がご参加くださり、キャサリンさんのワクワクするようなプレゼンテーションを楽しみました。

「酒田の紹介 in English 観光PR動画コンテスト」を開催しました

学生たちが酒田をより深く知り、その魅力を英語で伝える力を磨く機会の提供を目的とする動画コンテストを開催しました。「酒田の観光PR」がテーマで、動画は3分程度、海外の観光客に届くようプレゼンターは英語を使うことを募集条件に、8月中旬~11月上旬の期間、作品を募集しました。

10月にはオンライン学習会を開催し、酒田市ALTによる英語でのガイドのしかたを学ぶ講座と、SIRAからは動画制作時の注意点・動画編集アプリの使用方法・コンテスト表彰式当日の流れを説明しました。

11月21日(日曜)開催の作品上映会・表彰式では、酒田市内の高校生・大学生から応募いただいた全11作品の中から4作品が受賞作品として選ばれました。上映会・表彰式は基本的に全て英語で行われ、中学生と高校生2人が司会者となりました。会場への観覧参加者はコンテスト応募者を含めた49名、オンライン参加は8名でした。審査員長にSIRAアドバイザーの矢野慶汰氏、審査員にはSIRAアドバイザーでニュージーランド出身のティム・バンティング氏、アメリカ出身のALTキャサリン・ヘイズ氏、カナダ出身のALTリュウ・マティアス氏を迎え、「最優秀賞(1作品)」と「優秀賞(2作品)」を審査いただきました。また、姉妹都市アメリカ合衆国オハイオ州デラウェア市との交流促進のため、最優秀賞に並ぶ「デラウェア賞(1作品)」を創設し、キャロリン・ケイ・リグル市長より受賞者の選考と応募作品に対するビデオメッセージを送っていただきました。

表彰された4受賞者には、トロフィー・賞状・賞品としてQUOカードが贈られました。

受賞作品はミライニのデジタルサイネージや、酒田市公式YouTubeチャンネルに1年間(有効期限:2021年12月1日~2022年11月30日)限定公開されます。

お問い合わせ

地域創生部 交流観光課 交流事業係
〒998-8540 酒田市本町二丁目2-45
電話:0234-26-5809 ファックス:0234-22-3910

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

酒田市役所


〒998-8540
山形県酒田市本町二丁目2番45号
電話:0234-22-5111(代表)
開庁時間:平日午前8時30分から午後5時15分
(祝日、12月29日~1月3日を除く)
Copyright (C) City Sakata Yamagata Japan All Rights Reserved.
市へのご意見

フッターここまでこのページのトップに戻る