このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

サイトメニューここから
本文ここから

スマート農業の実践状況を調査

更新日:2022年8月18日

農業分野における課題として「担い手の高齢化」や「後継者不足」、「自然災害」などが挙げられます。
こういった課題の対応に今後欠くことのできないものが「スマート農業」です。
「スマート農業」といえば「自動走行トラクター」や「ドローン」などを想像する方が多いと思いますが、酒田市においてどのようなスマート農業が実践されているのかなどの状況を調査するため、デジタル変革戦略室が「酒田もっけ田農学校」(さかたもっけだのうがっこう)の講義を視察させていただきました。

酒田もっけ田農学校

もっけ田農学校は、「勘や経験」でなく、「知識」に基づいた農業を学べる学校(know(農)+college)で、先人の優れた基本技術とスマート農業機械やデータの活用を組み合わせ、「土づくり」と「人づくり」による新たな農業を目指しています。

実践状況に触れてきました

期日:2022年8月8日(月曜日)
場所:酒田市本楯地区の圃場
テーマ:還元対策、土づくり、次世代型稲作、直播
概要:圃場ごとの還元評価や土壌pH、ドローンセンシング、スケッチなどから得られた情報に基づいた土づくり実践例に学ぶ

こちらのページも参考にしてください

お問い合わせ

企画部 情報企画課 デジタル変革戦略室
〒998-8540 酒田市本町二丁目2-45
電話:0234-43-8336

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


サブナビゲーションここから

お気に入り

編集

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで
以下フッターです。

酒田市役所


〒998-8540
山形県酒田市本町二丁目2番45号
電話:0234-22-5111(代表)
開庁時間:平日午前8時30分から午後5時15分
(祝日、12月29日~1月3日を除く)
Copyright (C) City Sakata Yamagata Japan All Rights Reserved.
市へのご意見

フッターここまでこのページのトップに戻る